野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「画面から消える投手」誕生秘話 西武中崎の覚悟「生き残るために…」

「画面から消える投手」誕生秘話 西武中崎の覚悟「生き残るために…」

今、登板する度に注目度を高めているのが、西武の中崎雄太投手だ。

“画面から消える”投球が話題に、サイドスロー転向で注目集める“崖っぷち”左腕の覚悟

 今、登板する度に注目度を高めているのが、西武の中崎雄太投手だ。

 今年3月から転向したサイドスローの左腕からボールが放られた瞬間、球場内は“ざわつく”。球の出所が見えない、打者から背番号が見えるほどの半身の体勢から、「今まで見たことない」と伝授した清川栄治2軍投手コーチが太鼓判を押す「超クロスステップ」で投げ込むのだ。

 そして、その遠心力により、最後は大きく一塁側に流れてフィニッシュ。その、あまりにもインパクトの強い投球フォームに、観客も相手チームベンチも目を奪われずにはいられないのである。テレビなどでも、『画面から消える投手』として取り上げられ、話題となった。


ライオンズ・中崎 ビフォーアフター【動画:パ・リーグTV】

 キャンプ後から急きょ取り組んだフォーム改革が脚光を浴び、本人も「ありがたい」と話す。だが、その表情にはほとんど笑顔は浮かばない。というのも、今年でプロ8年目のシーズンを迎えた中崎の昨季までの7年間での1軍経験は、デビュー戦を含めた2013年での7試合のみ。特に昨年は、左手中指、人差し指、手のひらの血行障害を発症。実弟である広島・中崎翔太投手も同じ病を乗り越え、クローザーとして活躍する良き前例を励みに、8月下旬に手術に踏み切った。

「生き残るためにフォームを変えるしかない」。いわば、ラストチャンスともいえる、覚悟の決断なのである。「これで成功しないと、終わっちゃうから」。切羽詰まった自らの立場と真摯に向き合い、結果を残すために、ただただ必死なのだ。

 これまでも、何度もフォーム変更は行ってきた。サイドスローへの挑戦も、過去に一度あったという。だが、いずれも奏功せず、1軍で通用する形には固められなかった。しかし、今回は違う。挑戦して約1か月弱で、3シーズンぶりに1軍のマウンドに立つことが許されたのである。まず1つ目的をクリアしたことで、この決断は間違っていなかったと言っていいだろう。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中