野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田澤純一
  • 田澤純一にとっては正念場? 米紙が登板過多&最近の不調をレポート

田澤純一にとっては正念場? 米紙が登板過多&最近の不調をレポート

レッドソックスの田澤純一投手について米地元メディアが正念場を迎えている様子をレポートしている。地元紙「ボストン・ヘラルド」電子版が伝えている。

20160704_tazawa

ここ3年毎年60試合以上に登板、今年もチームトップの35登板

 レッドソックスの田澤純一投手について米地元メディアが正念場を迎えている様子をレポートしている。地元紙「ボストン・ヘラルド」電子版が伝えている。

 田澤はここ3シーズンでいずれも60試合を超える登板数を誇り、レッドソックスの救援陣を支えてきた。2013年にはキャリア最多の71試合に登板し、ワールドシリーズ制覇に貢献。上原浩治投手とともに救援の柱として高評価を得てきた。

 しかし今季、4月こそ11登板で失点はわずか「1」、防御率0.93と存在感を発揮したが、5月は防御率3.48、6月は防御率5.23と成績を落とし、今月も3日(日本時間4日)のエンゼルス戦で4点リードの7回に登板し、3安打2失点とピリッとしない内容だった。

 これを受け、地元紙はトレード期限が迫っているタイミングを考慮した上で、田澤の状態を見極めるべきとの論調で記事を掲載。今季ここまで2勝3敗、防御率4.60と失点が増えている上原浩治とともに「両者が同時に不振に陥ることはほとんどなかったが、両者が球界でも屈指の登板数をこなしてきた過去3年間を経て、いよいよその時がきている」、「田澤と上原の乱調は、過去4週間で珍しいものではなくなってしまっている」とレポートした。

人気記事ランキング