野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【セ・リーグ】6月MVPは野村&山田 月間“ベストナイン”はこの9人!

日本野球機構は6日に6月度の「日本生命月間MVP賞」の受賞者を発表し、セ・リーグでは投手部門で広島・野村祐輔投手がプロ5年目で初受賞。打者部門ではヤクルト・山田哲人内野手が5度目の受賞となった。フルカウント編集部では6月のベストナインを独断で選出。勝負の夏本番を前にチームへ貢献した選手は…。

野村は4戦4勝で32年ぶり11連勝にも貢献

 日本野球機構は6日に6月度の「日本生命月間MVP賞」の受賞者を発表し、セ・リーグでは投手部門で広島・野村祐輔投手がプロ5年目で初受賞。打者部門ではヤクルト・山田哲人内野手が5度目の受賞となった。

 フルカウント編集部では6月のベストナインを独断で選出。勝負の夏本番を前にチームへ貢献した選手は…。

【投手】
◯野村祐輔(広島)
4試合登板、4勝0敗、防御率1.44

 4試合で先発し、すべて6回以上を投げて2失点以下。ヤクルト・村中に並び月間リーグトップタイの4勝、月間リーグ3位の防御率1.44と安定感のある投球を見せた。14日の西武戦(マツダ)からのチーム32年ぶりの11連勝に大きく貢献した。

【捕手】
◯中村悠平(ヤクルト)
22試合出場、打率2割6分1厘、0本塁打、11打点

 14日のソフトバンク戦(神宮)、18日の西武戦(神宮)で3打点をマーク。月間打率はリーグ20位だったが、リーグ2位の得点圏打率4割4分4厘(18打数8安打)と勝負強さを発揮。11打点はリーグ9位タイだった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中