【セ・リーグ】6月MVPは野村&山田 月間“ベストナイン”はこの9人!

山田は圧巻の活躍、2年連続トリプルスリーへ視界良好?

【一塁】
◯宮崎敏郎(DeNA)
19試合出場、打率3割4厘、5本塁打、8打点

 11日のオリックス戦からは4号3ラン、5号ソロと2試合連続アーチを放ち、月間本塁打はリーグ2位タイ。9日のオリックス戦(京セラドーム)から一塁スタメンに定着し、7試合連続安打をマークした。14日の日本ハム戦(横浜)からクリーンアップの一角を務める。

【二塁】
◯山田哲人(ヤクルト)
23試合出場、打率3割4分6厘、10本塁打、28打点

 打撃3部門でリーグトップ。打率は2位の阪神・福留と8厘差、本塁打は2位の巨人・坂本らと5本差、打点は2位のDeNA・筒香、ヤクルト・雄平と12点差と圧巻の成績を残した。2安打以上を8試合、1試合4打点を3試合で記録。2年連続のトリプルスリーへ視界良好だ。

【三塁】
◯川端慎吾(ヤクルト)
23試合出場、打率3割1分6厘、0本塁打、8打点

 月間打率はリーグ6位。3安打を2試合、複数安打を9試合で記録した。得点圏打率2割7分3厘(22打数6安打)で打点を伸ばせなかったが、無失策と堅守も光った。

【遊撃】
◯坂本勇人(巨人)
23試合出場、打率2割8分2厘、5本塁打、14打点

 全試合で「3番・遊撃」で出場。打率こそリーグ15位だったが、月間本塁打はリーグ2位タイ、月間打点はリーグ4位タイだった。得点圏打率3割4厘を記録。ヤクルト・山田と首位打者争いを続けたい。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY