野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • なぜ大谷翔平は投手で復活しないのか? 日本ハムの現状を検証

なぜ大谷翔平は投手で復活しないのか? 日本ハムの現状を検証

ペナントレースも残り30試合弱。パ・リーグではリーグ3連覇を目指すソフトバンクを2位・日本ハムが0.5差で迫り、優勝争いは激しさを増している。少し気がかりなのが、日本ハム・大谷翔平投手の登板が1ヵ月近く遠ざかっていることだ。

20160605_ohtani

7月10日につぶした右中指まめは完治も、約1ヵ月実戦登板なし

 ペナントレースも残り30試合弱。パ・リーグではリーグ3連覇を目指すソフトバンクを2位・日本ハムが0.5差で迫り、優勝争いは激しさを増している。少し気がかりなのが、日本ハム・大谷翔平投手の登板が1ヵ月近く遠ざかっていることだ。

侍ジャパン小久保監督、日本通運野球部選手らが野球教室、子どもたちを熱血指導(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 異変が起きたのは、札幌ドームで行われた7月10日のロッテ戦だった。7回の投球中だった大谷は、右手中指のまめをつぶしてしまった。皮がめくれる重傷で、パ・リーグ先発投手部門のファン投票で選ばれていたオールスターでの登板を回避。同24日のオリックス戦(札幌ドーム)で3年ぶりに中継ぎとして調整登板し、直球は最速156キロを計測した。だが、全17球のうち10球がボール。明らかに投球フォームを崩しており、大きな故障を避ける方針から中継ぎ登板以降、実戦のマウンドに立っていない。

 すでに右手中指は完治。現在はブルペンでの投球練習を重ね、直球にも力強さは戻りつつあるという。それでも、なぜ大谷は勝負の夏に投球をしないのか。投手復帰への障壁となっていることは、主に3つある。

人気記事ランキング