野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム武田勝決断の理由は…各球団23日発表の引退

23日に各球団から引退選手が発表となった。

full-count10

阪神・福原、中日・雄太&岩田も引退を発表

 23日に各球団から引退選手が発表となった。中日は雄太、岩田慎司両投手の今季限りでの引退を発表。2004年のドラフト4位で入団した雄太はここまで通算28勝31敗1ホールド、防御率3.44、2008年のドラフト5位で入団した岩田は通算9勝15敗1ホールド、防御率3.73でユニフォームを脱ぐ決断をした。

 また阪神では福原忍投手が引退を発表。1998年のドラフト3位で入団した39歳右腕は通算83勝104敗118ホールド29セーブ、防御率3.49。阪神一筋で現役生活を終える。

 日本ハムでも38歳のベテラン武田勝投手が引退会見を実施。2005年ドラフトの大学・社会人4巡目で日本ハム入りした変則左腕は2009年から4年連続で2桁勝利を挙げるなどプロ通算82勝61敗15ホールド1セーブ、防御率3.02の成績を残した。

 武田は会見の席で決断の理由やシダックス時代の恩師・野村克也氏から学んだことなどを明かしている。以下に内容を紹介したい。

――現役引退を決断した理由は。

「やはりプロの世界は結果。ここ2、3年は自分はまだまだ出来る、負けたくないという気持ちから、若手を応援していく自分に切り替わっていった。まだまだやりたい気持ちがなくなったことです」

――プロ野球生活は2006年から始まった。どんな11年間だったか。

「一言で言うと、あっという間に駆け抜けて。本当に幸せな時間だったと思います」

人気記事ランキング