野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • まもなくドラフト会議 昨年話題を集めたドラ1選手たちの1年後の成績は?

まもなくドラフト会議 昨年話題を集めたドラ1選手たちの1年後の成績は?

10月20日に今年のNPBドラフト会議が行われる。6日にプロ志望届の提出が締め切られ、216人の名前がリストに載ったが、昨年の今頃、話題になっていた選手は一体誰だったのか。そして今年の成績、活躍はどうだっただろうか。各球団ドラフト1位の選手の今季を振り返ってみたい。

広島1位指名の岡田は中継ぎ経験も、4勝を挙げて優勝に貢献

 10月20日に今年のNPBドラフト会議が行われる。6日にプロ志望届の提出が締め切られ、216人の名前がリストに載ったが、昨年の今頃、話題になっていた選手は一体誰だったのか。そして今年の成績、活躍はどうだっただろうか。各球団ドラフト1位の選手の今季を振り返ってみたい。

【セ・リーグ】

○広島・岡田明丈投手(大商大) 
18試合4勝3敗 防御率3.02

 昨年のドラフトでは、豊富な即戦力投手候補の中から、カープが単独で指名した。関西六大学リーグで1年生からリーグ戦に登板し、4年時には春6勝、秋6勝で無傷の12連勝をマーク。2季連続優勝に大きく貢献し、最速153キロ右腕として各球団のリストに挙がっていた。背番号はかつて大竹寛(現巨人)がつけていた17を背負い、4月1日の巨人戦(マツダ)でプロ初登板。6回2/3を投げて3失点で勝敗はつかなかった。初勝利は6月25日の阪神戦(マツダ)で6回2失点。途中で中継ぎも経験したが、ルーキーイヤーは4勝を挙げて優勝に貢献。状態も良く、クライマックス・シリーズのファイナルでは先発の一角を務めることが濃厚だ。来季以降もローテ入りに期待が持てる。

○巨人・桜井俊貴投手(立命館大)
1試合0勝1敗 防御率8.31

 先発投手陣が手薄だったため、即戦力右腕をドラフト1位候補にリストアップした。3年時にU21日本代表に選ばれ、4年時の秋に関西学生野球リーグで7勝0敗、明治神宮大会では大会記録に並ぶ18奪三振の快投を見せた右腕を巨人は単独でドラフト1位指名。新人の出世番号とされる背番号21を与えた。しかし、キャンプ、オープン戦とオーバーワークから右肘を故障。3月30日のDeNA戦でプロ初登板したのち、2軍落ちした。現在は癒え、フェニックスリーグに帯同。来季の戦力として期待される。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中