野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3度ドラフト指名漏れも追い求める夢「冷やかし」にも動じない24歳の成長

チームの勝利優先、「その上で、自分がプロに行けたら」

 追い続けるプロ入りの夢。それでも本人は自身の目標だけに優先させるつもりはない。チームに所属している限り、最大の目標は勝利。だからこそ、日本選手権で優勝したヤマハの池田が大会最高殊勲選手賞を獲得しても、特に意識することはなかった。「試合に負けたのが一番悔しい。そこが一番悔しいです。決勝まで行って負けるのは本当に辛かったです」。

 今後の目標も自身のプロ入りより、チームが勝つことだと大谷は力強く話す。

「高校、大学の時は、まずは『自分』になっていました。今はチームが勝つことが最優先です。その上で、自分がプロに行けたらいいですね」

 ドラフト指名に漏れ、チームメートに冷やかされても、今は何も思わない。

「大人になったんでしょうね」

 そう話す大谷に、ドラフトを意識しすぎて打撃不振に陥った大学時代の面影はない。冷やかされても動じず、チームの勝利を一番に考えられるようになった24歳は、さらなる成長を遂げ、来年のドラフトを待つ。

【了】

篠崎有理枝●文 text by Yurie Shinozaki

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」