野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

陽岱鋼を残すのみ…例年以上に活発化のFA戦線、それぞれの決断の理由とは

今オフのフリーエージェント(FA)選手で唯一、去就が定まっていなかった日本ハム・陽岱鋼の巨人入りが決定的となり、FA戦線も佳境を迎えた。権利を行使した選手は6人。うち5人が移籍を選択した。例年以上に活発となった今オフのFA戦線を振り返る。

5選手が移籍、速攻仕掛けた巨人は史上初3人獲りへ

 今オフのフリーエージェント(FA)選手で唯一、去就が定まっていなかった日本ハム・陽岱鋼の巨人入りが決定的となり、FA戦線も佳境を迎えた。権利を行使した選手は6人。うち5人が移籍を選択した。例年以上に活発となった今オフのFA戦線を振り返る。

○ソフトバンク・森福允彦投手(巨人移籍)
○DeNA・山口俊投手(巨人移籍)

 FA戦線を最も賑わせたのは、ソフトバンク・森福允彦、DeNA・山口の巨人入りだ。巨人にとっては陽岱鋼を加え、史上初の1シーズンのFA選手3人獲りが実現しそうだ。

 森福は07年の入団以来、中継ぎとして通算10年で384試合に登板。4度のリーグ優勝を支え、絶対的なセットアッパーとして君臨した。最近2年は安定感を欠くこともあったが、ベテランとしての経験は豊富。勤続疲労の見える山口鉄ら手薄な左の中継ぎ強化を狙った巨人との思惑が合致。移籍表明した1日の会見では「ホークスに残っても成長できると思うが、新たな挑戦をしたいという気持ち」と新天地で再出発することを涙ながらに語った。

 山口俊は111セーブを挙げた抑えから14年に先発転向し、今季はチームトップの11勝をマーク。巨人・菅野と並びリーグトップの5完投と抜群のスタミナを見せつけた。エースとして移籍か残留か悩んだが、11月8日に移籍を決断。会見では「残留したい気持ちは強かったけど、選手である以上、評価を大事にしたいと思った」と号泣した。中日と巨人の争奪戦となり、最終的に巨人入りを表明した。

 ともに移籍の理由の一つに挙げたのが「一番、最初に声をかけてくれたこと」。交渉解禁初日の11月11日、両選手への思いを平等に伝えるように、巨人・堤GMが福岡から都内に飛び、異例の1日2選手の獲得交渉を実施。3年ぶりの覇権奪回に向けた情熱が、実を結んだ形だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」