野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

本人もビックリ ホークス今宮、大幅増1億4500万円査定のなぜ

驚きを隠せなかった。12月12日。ヤフオクドーム内に設置された記者会見場で困惑していたのは、ソフトバンク不動の遊撃手、今宮健太。「『え!』って思いました。現状維持か、大台(1億円)に乗るくらいだと思っていたので。こんなに頂いていいのかと」と率直な心境を明かした。

5500万円増の今宮、打率.245も評価された貢献度とは

 驚きを隠せなかった。12月12日。ヤフオクドーム内に設置された記者会見場で困惑していたのは、ソフトバンク不動の遊撃手、今宮健太。「『え!』って思いました。現状維持か、大台(1億円)に乗るくらいだと思っていたので。こんなに頂いていいのかと」と率直な心境を明かした。

決勝で主将が躍動、投打でアジア初制覇に貢献 「目標」の兄を「ちょっとは越せたかな」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日行われた契約更改交渉。その席で球団から提示されたのは年俸1億4500万円という額だった。今季の9000万円から、軽く大台を超える5500万円の大幅アップだった。

 今季の今宮は137試合に出場したが、打率は.245に終わり、3割には遠く及ばなかった。その一方で10本塁打、56打点はプロ7年目でキャリアハイとなった。

「2割4分5厘ですよ?」と本人も言っていたように、こと打率に限って言えば、決して満足いく数字ではない。ただ、昨季までの打撃と、今季の打撃には明らかな違いがあった。

 開幕から2割前後をウロウロとしていた打率だが、5月下旬から急激な上昇カーブを描いた。自身最長となる20試合連続安打をマークするなどし、6月29日のロッテ戦(ヤフオクD)終了時点では打率.273。シーズン後半は、オフに手術した右肘の痛みの影響もあって打率は下降してしまったが、踏み出す左脚を回転の軸にする「テニス打法」に活路を見出し、覚醒の感を漂わせた。

人気記事ランキング