野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2017年シーズンでの飛躍が期待されるパ・リーグの若手選手たち

今季、これまでの成績からは予想がつかない活躍を見せた選手、新人ながらほとんど1軍の舞台で活躍を続けた選手などもいる中で、来季に懸ける思いが強いのは、やはり自身の成績に納得のいかなかった選手たちだろう。ここではパ・リーグの各球団につき1人ずつ、来季からの飛躍が期待される選手たちをご紹介していきたい。

6球団から1人ずつ選出…日本ハムは来季2年目の横尾

 2016年シーズンが終了して2か月近くが経過し、秋季キャンプやファン感謝イベントも終わりを迎えた。これからの期間が選手たちにとっては貴重なオフシーズンとなるが、若手選手の多くは早くも2017年シーズンを見据え、教育リーグや自主トレーニングなどで汗を流している。

 今季、これまでの成績からは予想がつかない活躍を見せた選手、新人ながらほとんど1軍の舞台で活躍を続けた選手などもいる中で、来季に懸ける思いが強いのは、やはり自身の成績に納得のいかなかった選手たちだろう。どうしてもメディアで見かける機会の多いごく一部の選手にばかり目が行きがちだが、そもそも1軍に昇格できるということ自体が、限られた選手にしか許されない権利であり、2軍の選手たちにとっては途方もなく高いハードルでもある。

 しかし、今年のパ・リーグ新人王に輝いた高梨裕稔投手(北海道日本ハム)は、受賞の場で「去年の今頃はこの賞を獲れるとはまったく思っていませんでした」と語ったように、昨季まで1軍で未勝利だった。それがたった1年で新人王である。つまり、高梨投手のように躍進を遂げられる可能性は、今季思うように結果が出せなかった全ての選手に秘められている。

 そこで、ここではパ・リーグの各球団につき1人ずつ、来季からの飛躍が期待される選手たちをご紹介していきたい。

【北海道日本ハム・横尾俊建選手】
ファーム成績:80試合291打数80安打15本塁打53打点 打率.275

 横尾選手は入団1年目の大卒ルーキー。2011年夏の甲子園では、日大三高の4番として、今季のセ・リーグ新人王、阪神の高山選手とともに全国制覇を成し遂げた。慶應義塾大学時代には1年次からスタメンに名を連ね、通算13本塁打を放つなど、長打力が魅力の選手。愛称は埼玉西武の中村選手にちなんで「おにぎりくん」である。

 今季は2月の紅白戦でアピールに成功し、開幕1軍スタート。1年間通して1軍に帯同することは叶わなかったものの、イースタン・リーグで放った15本塁打は、右の長距離砲としての将来性を大いに感じさせる内容であった。打率、本塁打、打点で、チームトップの数字を記録。北海道日本ハムは若手野手の層が厚いチームではあるが、持ち味を発揮することができれば、来季からの1軍定着もそれほど遠い目標ではないだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」