野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

上原がブログでカブス入団報告 複数オファーも「条件は『勝つ』こと」

レッドソックスからフリーエージェント(FA)になっていた上原浩治投手が、16日に自らのブログを更新し、カブスと1年契約を結んだことを報告した。今季108年ぶりに世界一になったカブスは上原と1年600万ドル(約7億700万円)で契約を結び、連覇に向けてブルペンの補強に努めた。

背番号は引き続き「19」、年内契約に「ホッとしたよね。安心して年を越せます

 レッドソックスからフリーエージェント(FA)になっていた上原浩治投手が、16日に自らのブログを更新し、カブスと1年契約を結んだことを報告した。今季108年ぶりに世界一になったカブスは上原と1年600万ドル(約7億700万円)で契約を結び、連覇に向けてブルペンの補強に努めた。

 ブログによれば、上原は「月曜日(12日)にシカゴに飛び、木曜日(15日)に帰ってくる強行スケジュール」を敢行。メディカルチェックを経て、正式に契約を交わし、晴れてカブスの一員となった。12月中旬ではあるが、年内に移籍先が決定したことで「ホッとしたよね。安心して年を越せます」と喜びを表現した。

 カブスが本拠地を置くシカゴの冬と言えば極寒。上原が訪問した時も「マイナス13度」の寒さだったとか。それでも「初めての球場が見れるって思い、見学をしたいってお願いをしたんですが、見事に工事中のため野球場ではなかった…(^^;; 残念」とグラウンド見学は叶わず。「でもクラブハウスは見れたよ。めっちゃ凄かったです。広い、綺麗、言う事なし」と、今季改築されたばかりの最新クラブハウスに感激の様子だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」