野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

世界一カブス・マドン監督は何がスゴイ? 直弟子・岩村明憲が語る名将秘話

独立リーグ、ルートインBCリーグの福島ホープスで選手兼任監督を務める岩村明憲氏。少年時代からこれまで数々の監督と出会ってきたが、中でも大きな影響を受けたのが、今季カブスを108年ぶりのワールドシリーズ制覇に導いたジョー・マドン監督だ

BC福島で選手兼任監督務める岩村氏、自身も継承する“マドン流”とは

 独立リーグ、ルートインBCリーグの福島ホープスで選手兼任監督を務める岩村明憲氏。少年時代からこれまで数々の監督と出会ってきたが、中でも大きな影響を受けたのが、今季カブスを108年ぶりのワールドシリーズ制覇に導いたジョー・マドン監督だ。2007年、岩村氏がメジャー移籍を果たした時、入団したタンパベイ・デビルレイズ(現レイズ)の指揮を執っていたのがマドン監督だった。メジャーでも名将の呼び声が高いマドン監督と接する中で、岩村氏は何を学んだのか。当時のエピソードも交えながら、たっぷり語ってくれた。

――采配を振る上で、これまで出会った監督から様々な影響を受けていると思います。その中でも、メジャー移籍後すぐに師事した(ジョー・)マドン監督(現カブス)から数多くのことを学んだそうですね。

「デカイですよ。ジョーの存在は。今年カブスが優勝した時もうれしかった。しかも、ワールドシリーズのMVPがレイズ時代のチームメイト、ゾブリストでね。うれしいよね(笑)」

――異国に渡って出会った最初の監督ですが、戸惑うことはありませんでしたか?

「俺はやりやすかったね。彼は俺を理解して信頼してくれた。信頼関係って大事だよね。特に、通訳を介してコミュニケーションを取る中で、自分の意図することが100パーセント伝えきれなくて、誤解が生じてしまう時もある。それをカバーするのが、『こいつはこういうことを言う人間じゃない』って思える信頼関係でしょ。それを持っていてくれたから、すごくやりやすかった」

――同じ日本人同士でも信頼関係を築くのは難しいことがあります。何かきっかけがあったんですか?

「ジョーと代理人が一緒という偶然もあって、契約を済ませた直後に一緒に食事に行ったんだよね。異例でしょ。キャンプインの時に『初めまして』って挨拶するのが普通。でも、その前にざっくばらんな話ができたことは大きかった。俺、聞いたんだよね。『どこを守ればいいですか?』って。そしたら、『君はどこを守れるの?』って、逆に今までされたことのない新鮮な質問が返ってきた(笑)。おぉ、そう来たか……って(笑)。

 そこで『主にサード。センターも守ったことはある。あとは言われれば、どこでも守れる。ファーストミットも持っていく』っていう話をしたら、『お、いいね。じゃ、サード、ショート、セカンド、ファースト、センターね。頼むぞ』って言われて、これが面白かったんだよね。結局、俺はキャンプに5種類のグラブを持っていったから」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」