野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • セ指揮官も実感、“高速化”進むパ 直球で一番空振りを取れる投手は誰?

セ指揮官も実感、“高速化”進むパ 直球で一番空振りを取れる投手は誰?

プロ野球の醍醐味の一つといえば、力と力のぶつかり合いだろう。日本最速165キロを叩き出した日本ハム・大谷を筆頭に“高速化”が著しいパ・リーグ。その中で、最もストレートで空振りを取れる投手は誰か。

先発&救援トップ3は? “高速パ”直球で一番空振りを取れる投手は

 プロ野球の醍醐味の一つといえば、力と力のぶつかり合いだろう。日本最速165キロを叩き出した日本ハム・大谷を筆頭に“高速化”が著しいパ・リーグ。その中で、最もストレートで空振りを取れる投手は誰か。

「パ・リーグTV」が分析した「パ・リーグ投手の球種別空振り率」のデータをひも解くと、興味深い結果が見えてきた。以下、昨シーズンの先発部門と中継ぎ・抑え部門に分けて紹介する。

【先発部門(規定投球回到達者)】

○3位 楽天・則本昂大(7.4%)

 3年連続で奪三振王に輝いたエース右腕は150キロ超の直球で強気に押し、本格派らしいスタイルで空振りを奪った。投球回もリーグNO1であることから、より価値は高まる。計3381球のうちストレートを1760球投じ、131球で空振りを奪った。

○2位 西武・菊池雄星(7.7%)

 ライオンズが誇る左の怪腕も同様に150キロ超の直球を投げ、昨年9月には日本プロ野球史上左腕最速の157キロをマーク。チェンジアップ、スライダーとの組み立てで翻弄した。計2405球のうち1350球を投じ、104球で空振りを奪った。

○1位 ソフトバンク・和田毅(10.7%)

 20台の若い速球派を抑えたのが、35歳のベテラン左腕だ。球速は140キロ前後ながら、出どころの見づらいフォームから繰り出すノビのある直球で空振りを量産していた。計2600球のうち1366球を投げ、146球で空振りを奪った。

※番外編 日本ハム・大谷翔平(11.2%)

 日本最速165キロを誇る剛腕は規定投球回に3イニング届かなかったが、空振り率は和田らを抑えている。常識破りの二刀流はやはり、ストレートもまた規格外だったようだ。計2229球のうち1211球を投げ、136球で空振りを奪った。

人気記事ランキング