野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 田中将大発案の野球教室、込めた思いと心を打たれた児童の言葉

田中将大発案の野球教室、込めた思いと心を打たれた児童の言葉

ヤンキースの田中将大投手が24日、仙台市立岡田小学校を訪れた。「MASAHIRO TANAKA BASEBALL SCHOOL」と銘打ち、ともに自主トレを行っている楽天・則本昂大投手、辛島航投手、釜田佳直投手、松井裕樹投手と訪問。児童とキャッチボールをしたり、一緒に給食を食べたりし、交流を図った。

20170124_tanaka2

なぜ田中は野球教室を発案? 「自然と笑顔になれました」

 ヤンキースの田中将大投手が24日、仙台市立岡田小学校を訪れた。「MASAHIRO TANAKA BASEBALL SCHOOL」と銘打ち、ともに自主トレを行っている楽天・則本昂大投手、辛島航投手、釜田佳直投手、松井裕樹投手と訪問。児童とキャッチボールをしたり、一緒に給食を食べたりし、交流を図った。

 選手たちは体育館に集まった4~6年生の大きな拍手を受けて入場した。まずは自己紹介をし、松井が「寒さを吹き飛ばすくらい、みんな、元気を出していきましょう」と言えば、釜田も「今日は雪が降っていますが、寒さを吹き飛ばすくらいの元気を出して楽しみましょう」とあいさつ。田中の番では、司会進行を務めた元楽天投手の永井怜ジュニアコーチが「今シーズンから楽天イーグルスに戻ってくることになりました、田中将大投手です!」とジョークを飛ばすと「ちょい、ちょい、ちょい!」と田中。会場も和み、改めて「ニューヨークヤンキースの田中投手です」と紹介されると「今日はよろしくお願いします」と笑顔を見せた。

 質問タイムの後、選手も一緒に体操し、各グループを回って全員とキャッチボールをした。グループごとにキャッチボールによる競争も行われ、優勝した永井ジュニアコーチのチームには、田中のサイン入りボールが本人から手渡され、児童は大喜び。優勝チームの児童は「プロ野球選手」や「サッカー選手」、「看護師」、「漫画家」といった将来の夢も発表した。

人気記事ランキング