野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

営業マンを経て独立リーグ監督へ 元巨人のドラ1守護神、44歳の現在地

 かつてドラフト1位で巨人に入団し、守護神として日本一を味わった男が、初めて監督となる。ユニホームをまとう場所は、幾多の歓喜を味わったNPBではない。四国の独立リーグだ。

20170210_kawahara

02年日本一の立役者・河原純一、四国IL愛媛で監督初挑戦の理由

 かつてドラフト1位で巨人に入団し、守護神として日本一を味わった男が、初めて監督となる。ユニホームをまとう場所は、幾多の歓喜を味わったNPBではない。四国の独立リーグだ。

W杯の日程決定 仁志監督率いる侍ジャパンU-12代表は悲願の世界一に輝けるか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「いつか指導者になった時、若い子にどういう風に指導していくべきなのか考えて、野球はやってきたつもり。指導者として成長していかなきゃいけないけど、僕が1年目ということは彼らに関係ない。持っているものはすべてぶつけていきたい」

 愛媛マンダリンパイレーツ・河原純一監督。1月に就任したばかりの新米監督は、44歳にして初の監督業に情熱を抑えられずにいる。

 どん底で結ばれた縁が、5年の歳月を経て形となった。駒大から94年ドラフト1位(逆指名)で巨人入団。02年には就任1年目の原辰徳監督に守護神に抜擢されて28セーブを挙げ、リーグ優勝&日本一に貢献。日本シリーズでは胴上げ投手となった。その後、西武を経てプレーしていた中日で11年に戦力外通告。「自分としては中継ぎであれば、体力的にもまだできると思っていた」。12球団合同トライアウトを受けたが、思いとは裏腹にNPBからオファーはなかった。声をかけたのが、四国アイランドリーグ(IL)plusの愛媛。1年後のNPB復帰を目指す形での打診だったが、戸惑いはあった。

「独立リーグの存在は知っていたけど、詳しいことはわからないし、愛媛は縁もゆかりもない土地。言葉は悪いけど、眼中になかった。でも、いくら12球団でやりたいと言っても獲ってくれるところがなければプレーできない。それまでを振り返ると、自分で進路を決めてきたというより、なんとなく縁に導かれて、その場所で一生懸命に頑張ってきた野球人生。これも一つの新たな出会いになるかと感じて、お世話になろうと思った」

 1年後にはNPBに――。そう思いながら38歳の決断だったはずが、長い付き合いになった。NPBから声はかからず、4年間在籍した後、15年限りで現役を引退。そして、前任の弓岡敬二郎監督がオリックスのコーチ転身したことに伴い、就任オファーが舞い込んだ。

「いずれ指導者としてマンダリンで仕事ができることがあればいいなと思っていた。そこで、弓岡監督がオリックスで、加藤(博人)コーチも(BCリーグの)新潟で監督になるというタイミングが重なって……。今年から、そうなるとは思ってもなかった」

 そう思うのも無理はない。ユニホームを着ることになった1年前、身にまとっていたのは背広とネクタイだった。

人気記事ランキング