野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

デスパイネ加入で競争激化へ 大型補強でどうなるソフトバンクの陣容

ソフトバンクは11日、前ロッテのアルフレド・デスパイネ外野手の入団を発表した。キューバ出身の30歳強打者は球団を通じて「自分にとっては今年からまた新たなスタートという気持ちで、これまでの自分の経験を活かして、チームの日本一奪還に貢献できるよう、一生懸命頑張ります」とコメントし、新天地でのプレーに意欲を燃やした。

デスパイネの獲得を正式発表したホークス

 ソフトバンクは11日、前ロッテのアルフレド・デスパイネ外野手の入団を発表した。キューバ出身の30歳強打者は球団を通じて「自分にとっては今年からまた新たなスタートという気持ちで、これまでの自分の経験を活かして、チームの日本一奪還に貢献できるよう、一生懸命頑張ります」とコメントし、新天地でのプレーに意欲を燃やした。

 2014年途中から3シーズン所属したロッテもキューバ政府と残留交渉を行っていたが、昨年中に交渉の継続を断念すると発表。ロッテ残留が消滅したことで、デスパイネの入団先の最有力候補としてホークスが浮上していた。

 昨季、長打力不足が日本一逸の一因となったソフトバンクは早くから一発のある助っ人外国人をオフの補強ポイントに設定。前ダイヤモンドバックスで米マイナー通算178発のカイル・ジェンセン内野手を獲得し、このほどデスパイネの加入も正式に決まった。キューバチームの一員としてカリビアンシリーズに参戦しているデスパイネに関してはチームの合流はまだ先となるが、今季のソフトバンクの陣容がどうなるか、ここで予想してみたい。

 守備で見れば、デスパイネは間違いなく指名打者としての起用となるだろう。内野は、一塁に内川聖一が入り、三塁の松田宣浩、遊撃の今宮健太は当確。二塁は本多雄一を最有力に、明石健志や川島慶三、牧原大成などが候補に挙がる。外野は中堅の柳田悠岐、左翼か右翼のどちらかに中村晃が入ることは確実。あと一枠にデスパイネ加入の影響が出てくる。

人気記事ランキング