野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田澤純一
  • 【田澤純一コラム第1回】新チームで感謝する人、味方でよかった選手とは…

【田澤純一コラム第1回】新チームで感謝する人、味方でよかった選手とは…

メジャーの救援投手として定評を勝ち取った30歳右腕が、今シーズンは「Full-Count」で定期コラムをスタート。現役メジャーリーガーが実際に目で見、肌で感じたベースボールを生の声で伝えてくれる。記念すべき第1回は、14日からフロリダ州ジュピターで始まったスプリングトレーニングの様子をリポートしてくれた。

マーリンズ右腕が「Full-Count」で定期コラムをスタート

 8年を過ごしたレッドソックスからFAとなり、今季からマーリンズに加入した田澤純一投手。2009年の渡米以来2Aから下積みを始め、トミー・ジョン手術を経て、2012年からメジャーに定着。2013年にレッドソックスがワールドシリーズ優勝を果たした時には、守護神だった上原浩治投手(現カブス)と共に大車輪の働きで、世界一に大きく貢献した。

 メジャーの救援投手として定評を勝ち取った30歳右腕が、今シーズンは「Full-Count」で定期コラムをスタート。現役メジャーリーガーが実際に目で見、肌で感じたベースボールを生の声で伝えてくれる。記念すべき第1回は、14日からフロリダ州ジュピターで始まったスプリングトレーニングの様子をリポートしてくれた。

—————————

 マーリンズの田澤純一です。今回からコラムという形で、僕の目から見たメジャーの様子を、皆さんにお伝えしていきたいと思います。宜しくお願いします!

 8年を過ごしたレッドソックスを離れ、今年からマーリンズの一員になりました。チームが変わるのは、渡米から9年目で初めての体験。スプリングトレーニングの場所も、フロリダ半島の西にあるフォートマイヤーズから、東にあるジュピターに変わりました。同じフロリダでも、少し雰囲気が違うような気がします。

 新チームで迎える初めての春は楽しみしかありませんが、最初の数日はチームメイトやスタッフの名前と顔を一致させることで精一杯(笑)。選手だけではなく裏方さんも含めると、結構な数の人がチームとして動いているので、結構大変なんですよ。そんな僕を助けてくれるのが、中日にいたチェン(・ウェイン)さんです。

 マーリンズの先発ローテに欠かせない存在のチェンさんは、メジャーに来て6年目になるのに、いまだに日本語がペラペラ。ビックリしますよ。練習の流れやチーム内で分からないことは何でも教えてくれるので、お陰様ですんなりチームに入ることができました。チェンさん、本当にいい人です! ありがとうございます!

 大先輩のイチローさんとは、投手と野手の違いもあり、なかなか会話らしい会話が交わせずにいますが、初めてお会いした時にご挨拶すると、優しく迎えて下さいました。キャンプ地にも初動負荷トレーニングのマシンが用意されています。一度ゆっくりとトレーニングや日々の準備についての話を伺ってみたいです。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬