野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

川崎宗則がマイナー契約でも米国を選んだ理由、米紙が特集「これが野球」

今季カブスとマイナー再契約を結んだ川崎宗則。招待選手としてメジャーキャンプに参加した35歳のベテランは、15日(日本時間16日)時点でオープン戦12試合に出場し、24打数7安打、6打点、打率.292、出塁率.393とまずまずの成績を収めている。オフには一時、日本復帰の可能性も浮上したが、米国でのプレーを選択し、自身6年連続のメジャー昇格を目指し日々奮闘中だ。

米国で学んだ野球の楽しさ、「日本では真面目になり過ぎていた」

 今季カブスとマイナー再契約を結んだ川崎宗則。招待選手としてメジャーキャンプに参加した35歳のベテランは、15日(日本時間16日)時点でオープン戦12試合に出場し、24打数7安打、6打点、打率.292、出塁率.393とまずまずの成績を収めている。オフには一時、日本復帰の可能性も浮上したが、米国でのプレーを選択し、自身6年連続のメジャー昇格を目指し日々奮闘中だ。

 カブスの地元紙「シカゴ・トリビューン」電子版がこのほど、その様子を特集し、日本人内野手の野球に対する情熱を伝えている。

「ムネノリ・カワサキはカブスライフを楽しんでいる。たとえアイオワでもう1年過ごすとしても」との見出しで伝えた記事では、昨季チームを108年ぶりにワールドシリーズ制覇に導いた名将マドン監督のもとで川崎が野球を楽しんでいる様子をレポート。本人が「彼はみんなをリラックスさせてくれるんです」、「日本では、監督は厳格な存在です。いつか、彼を連れて帰りたいです。次は日本で監督をやることになるかもしれないですね」とコメントしていることを紹介している。

 また今季は再びマイナーからのスタートとなったが、本人はあくまで前向きな姿勢を見せており、「40人のロースターには入っていません。でも、僕は本当に幸せなんです。だって、またシカゴ・カブスでプレーできるなんて光栄なことですから」と話していることも伝えている。

人気記事ランキング