野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「ボールの中に神様がいる」 作新学院、33歳監督を変えた亡き恩人の教え

「ボールの中に神様がいる」 作新学院、33歳監督を変えた亡き恩人の教え

第89回を迎えた選抜高校野球大会。その中で史上5校目の偉業に挑んている若き指揮官がいる。33歳の小針崇宏監督(作新学院)。選手と向き合い、チーム力を高めてきた。最初は一方的に指導するだけの監督だった。しかし、亡き恩人のひとつの助言から、考え方が変わっていった。

史上5校目の夏春連覇へ、作新学院・小針監督が「甲子園塾」で心に刻んだ名将の教え

 第89回を迎えた選抜高校野球大会。その中で史上5校目の偉業に挑んている若き指揮官がいる。昨夏の甲子園覇者・作新学院(栃木)は23日の1回戦・帝京五(愛媛)戦に9-1で快勝。春夏連覇へ向けて好発進し、27日は秀岳館(熊本)とV候補同士で激突する。

 今大会は昨夏Vの原動力となった150キロ右腕・今井達也(西武)のようなスター選手はいないが、昨秋の関東大会を制した力はチームワークそのもの。33歳の小針崇宏監督が選手と向き合い、チーム力を高めてきた。最初は一方的に指導するだけの監督だった。しかし、亡き恩人のひとつの助言から、考え方が変わっていった。

 高校野球の若手指導者講習会「甲子園塾」というものが2008年から行われているのをご存じだろうか。教員歴10年未満の高校野球の監督が、甲子園経験豊富な指導者からその教えを学ぶもので、名将たちの言葉に若手が耳を傾ける。小針監督もその塾生の1人だった。2009年の冬に受講した。

 講師には箕島(和歌山)の故・尾藤公監督、星稜(石川)・山下智茂元監督らが講師を務めていた。小針監督は同年夏、甲子園に初出場したが、長野日大に8-10で初戦敗退した。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬