野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • ドラフト1時間後に“クビ”宣告 楽天は「命の恩人」、ドラ9左腕が感謝の初登板

ドラフト1時間後に“クビ”宣告 楽天は「命の恩人」、ドラ9左腕が感謝の初登板

一度は“クビ”を言い渡された戦場で躍動した。楽天のドラフト9位左腕・高梨雄平投手は2日のオリックス戦(京セラドーム)でプロ初登板。1イニングを無安打無失点でデビューを飾った。チームの4点差逆転で開幕3連勝を呼び込む力投。上々の初登板となった。

プロ初登板に秘めた「恩返し」の想い 投手生命の危機救った奇跡の9位指名

 一度は“クビ”を言い渡された戦場で躍動した。楽天のドラフト9位左腕・高梨雄平投手は2日のオリックス戦(京セラドーム)でプロ初登板。1イニングを無安打無失点でデビューを飾った。チームの4点差逆転で開幕3連勝を呼び込む力投。上々の初登板となった。

初代アジア王者に輝いた若き侍ジャパンに見た光、岩村氏「この先強くなりそうで楽しみ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「4点差だったので、なんとしても1点も与えないという気持ちで必死で投げました」

 0-4で迎えた6回。濱矢に代わり、3番手で名前がコールされた。先頭の8番・若月をカウント2-2からスライダー遊ゴロに斬ると、続く駿太はスライダーで見逃し三振。安達に四球を出したが、西野を直球で遊ゴロに仕留めた。左のサイドからゆったりとした間で繰り出す変則フォームで、無安打無失点。20球で役割を全うした。

「ああ、ここがプロ野球なんだな」と感慨に浸ったプロ初マウンド。それは半年前、道を断たれかけた場所だった。

 昨年のドラフト会議で楽天から9位で指名された。会議開始から1時間半以上が経過し、全体で87人中、後ろから3番目でようやく名前を呼ばれた。吉報を受け、チームの寮で喜びの記者会見を終えた後だった。和嶋監督から、こう告げられた。

「もし、来年も残っていたら、お前は野手だった」

人気記事ランキング