野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • アレックスとマニー 2人の“ラミレス”の運命を分けた日米の野球観の違い

アレックスとマニー 2人の“ラミレス”の運命を分けた日米の野球観の違い

「あれ、“ラミちゃん”と違うの?」一昨日の高知市野球場のスタンドでは、こんな声が聞かれた。「ラミレス来たる!」と聞いて、人気者の“ラミちゃん”が来ると勘違いした人も、少数ながらいたのだ。

日本でおなじみ“ラミちゃん”とMLBスーパースターの“マニー”

「あれ、“ラミちゃん”と違うの?」

 一昨日の高知市野球場のスタンドでは、こんな声が聞かれた。「ラミレス来たる!」と聞いて、人気者の“ラミちゃん”が来ると勘違いした人も、少数ながらいたのだ。

”ラミちゃん”ことアレックス・ラミレスは、横浜DeNAベイスターズの現監督。昨年はチームを球団創設5年目で初のポストシーズンに進出させ、高い評価を得た。その“ラミチャン”が、高知にいるわけがない。

 高知ファイティングドッグスに来たのは、メジャー通算555本塁打の記録を持つマニー・ラミレスだ。球団側も混同を避けるためか、登録名を「マニー」にした。

 一昨日、レフト前に初安打を放ったマニーは、一塁ベースに到達すると、例の「ゲッツ」のようなポーズをした。試合後、報道陣から「一塁でのあのポーズはどういう意味があったのか?」という質問が飛んだが、マニーは答えなかった。マニーがラミちゃんお得意のポーズを知っていたか、真相は謎だ。

 アレックス・ラミレスとマニー・ラミレス。2人はそもそも国籍が違う。

“ラミちゃん”ことアレクサンダー・ラモン・ラミレスは、1974年10月3日、ベネズエラのカラカスで生まれ。一方、マニーことマヌエル・アリスティデス・ラミレス・オネルシーダは、1972年5月30日、ドミニカ共和国サントドミンゴで生まれた。

 日本では“ラミちゃん”が圧倒的な知名度を誇るが、アメリカでは“マニー”を知らない野球ファンはいない。アメリカでの“ラミちゃん”は、よほどの野球通でない限り知らないだろう。「ラミレス」は中南米で非常に多い姓のため、2人はたまたま同姓だが、縁もゆかりもないのだ。

 と、言いたいところだが、実は2人はかつてチームメイトだったことがある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」