野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 過去3年の投打5傑で検証 スタートダッシュのカギを握る「春男」はこの選手

過去3年の投打5傑で検証 スタートダッシュのカギを握る「春男」はこの選手

プロ野球は開幕カードが終わって2カード目に突入した。そろそろ各球団の優劣も現れ始めるころだ。ペナントレースを制するには、スタートダッシュが肝心。そのためにも3、4月に強い「春男」は、チームには不可欠だ。

セパ「春男」過去3年の投打5傑を振り返る

 プロ野球は開幕カードが終わって2カード目に突入した。そろそろ各球団の優劣も現れ始めるころだ。ペナントレースを制するには、スタートダッシュが肝心。そのためにも3、4月に強い「春男」は、チームには不可欠だ。

 過去3年の3、4月の通算成績をもとに、両リーグ、投打の「春男」を見ていこう。

 投手、パ・リーグから。

【パ・リーグ勝利数5傑】

1.涌井秀章(ロッテ) 10勝6敗 防御率3.08
2.石川歩(ロッテ) 8勝2敗 防御率1.50
3.則本昂大(楽天) 8勝6敗 防御率3.39
3.牧田和久(西武) 7勝2敗 防御率1.92
3.大谷翔平(日本ハム) 7勝3敗 防御率1.87
3.西勇輝(オリックス)7勝5敗 防御率3.65
3.野上亮磨(西武)7勝6敗 防御率3.11
3.ディクソン(オリックス) 7勝7敗 防御率2.68
3.スタンリッジ(ソフトバンク、ロッテ)7勝7敗 防御率3.09

 ロッテの涌井は過去3年間、3、4月に17試合に登板して10勝6敗。負け数も多いが、17試合で16度責任投手。エース、先発投手としての責任を果たしていると言えよう。同じロッテの石川歩は、2016年こそ故障で出遅れたが、涌井とともにほぼローテを維持、防御率は3年とも1点台。2人の優秀な先発投手が、ソフトバンク、日本ハムという大戦力に伍して、ロッテがポストシーズンに進出する原動力になっている。

 牧田は昨年は救援投手ながら3勝。ロングリリーフと言う特異なポジションで勝利に貢献している。一方、大谷翔平も好成績で、今年彼が投げないことの損失は大きい。また、岸孝之(楽天 昨年まで西武)は4勝4敗、金子千尋(オリックス)は3勝3敗、武田翔太(ソフトバンク)は4勝2敗と、エース級でもスロースターターはいる。

人気記事ランキング