野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

44歳元燕ドラ1右腕の今 カラオケ店勤務経て辿り着いた第2の人生とは

プロ野球の新シーズンが幕を開け、続いて東京六大学野球、東都大学野球でも熱戦が繰り広げられている。4年生にはプロ入りを目指しアピールを続ける選手のほか、卒業後の進路を考え、就職活動を行う部員たちもいる。そんな学生たちに、自らの経験を伝えアドバイスを送っている元プロ野球選手がいる。ヤクルトのドラフト1位右腕、北川哲也さんだ。

44歳を迎えた元ヤクルト北川哲也氏が続ける活動とは

 プロ野球の新シーズンが幕を開け、続いて東京六大学野球、東都大学野球でも熱戦が繰り広げられている。4年生にはプロ入りを目指しアピールを続ける選手のほか、卒業後の進路を考え、就職活動を行う部員たちもいる。そんな学生たちに、自らの経験を伝えアドバイスを送っている元プロ野球選手がいる。ヤクルトのドラフト1位右腕、北川哲也さんだ。

 千葉・暁星国際高時代に小笠原道大・現中日2軍監督とバッテリーを組み、2年夏の県大会で準優勝。その後、社会人の日産自動車を経て、1994年のドラフトでヤクルトの指名を受けた。5年間のプロ生活では36試合に登板。4勝5敗1セーブの成績で、1999年に引退した。

 以降、社会人野球のシダックスにも所属し、引退後は同社のカラオケ店にも勤務。そして44歳となった現在は、株式会社トレジャー・トレーディングで野球部の学生を対象にした就職支援を行っている。

 北川さんは、企業と学生たちが対話できるマッチングイベントを開催。開催時期をリーグ戦の合間にするなど、野球部の学生に特化した就職支援を行っている。忍耐力、継続力のある野球部の学生たちは、企業からも必要とされている人材だといい、これまで商社や不動産など、さまざまな業種に学生たちを送り出している。

 北川さんはなぜこのような活動を始めたのか。それは引退後にやりたいことが見つからず、転職を繰り返した経験があったからだ。

「何が出来るか悩み、転職も多く苦労しました。野球部の学生には自分の経験を参考に、転職のない、自分に合った人生を送って欲しいと思っています」

 北川さんは「プロ入りまでとんとん拍子に話が進んだため、引退後に自分に何ができるか全くわからなかった」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」