野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高校代表落ち、指名漏れから奮起 大学生捕手が叶えた夢、次は共にスタメンで

第41回日米大学野球選手権大会が12日からアメリカで始まる。8月には台湾で第28回ユニバーシアード競技大会が行われ、2つの国際大会に挑む侍ジャパン大学代表。富士大4年の小林遼捕手はある思いを持って、日の丸を背負う。


夢を叶えた富士大4年・小林遼、「恥ずかしいプレーはできない」

 第41回日米大学野球選手権大会が12日からアメリカで始まる。8月には台湾で第28回ユニバーシアード競技大会が行われ、2つの国際大会に挑む侍ジャパン大学代表。富士大4年の小林遼捕手はある思いを持って、日の丸を背負う。

大倉前監督が語る、侍ジャパン女子代表の今後 そして、自身が手にした“財産”(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「(代表入りは)素直に嬉しいけれど、やった、という気持ちより、恥ずかしいプレーはできないなと自覚と責任を感じました」

 初の代表入りに気を引き締めた小林。選考会では「守備で手応えがあった」と話す。

「ミスもなく、ランナーも刺すことができた。ピッチャーとのコンビネーションもうまくできたと感じました。自分から声をかけ、どういう球で押さえるかと細かいことも聞いて、いい感じで組むことができましたね」

 関大・阪本大樹、日体大・松本航、国際武道大・伊藤将司(日米大学選手権のみ参加)らをうまくリード。大学では1年秋から正捕手となり、昨年までは阪神・小野泰己、一昨年までは西武・多和田真三郎とバッテリーを組んだ。「多和田さんはボールが浮いてくる感じで怖いですよ。小野さんは上から投げおろして、ガーッと来る感じ」。タイプの異なるピッチャーを巧みにリードした経験も生きた。

人気記事ランキング