野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークスを支え続けた救援陣に疲労の色 差し迫る危機

ソフトバンクのリリーフ陣に危機が差し迫っている。1日のオリックス戦(京セラD)。試合時間5時間を超える延長12回の激闘の末、守護神のサファテが、オリックスの主砲ロメロにサヨナラソロ本塁打を被弾。引き分けでも単独首位浮上となるところだったが、目前のところでそれは散った。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

救援陣崩壊ならホークスは窮地に―求められる先発陣の奮起

 ソフトバンクのリリーフ陣に危機が差し迫っている。1日のオリックス戦(京セラD)。試合時間5時間を超える延長12回の激闘の末、守護神のサファテが、オリックスの主砲ロメロにサヨナラソロ本塁打を被弾。引き分けでも単独首位浮上となるところだったが、目前のところでそれは散った。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日は右手のマメの影響で中20日で石川柊太が先発したが、5回持たず5安打4四球で4点を失ってKO。2番手に飯田、3番手に岡本を送り込むと、チームが土壇場の9回表に同点に追いついた。そこからは9回裏を森、嘉弥真、10回を回跨ぎの嘉弥真、そして岩崎でしのぎ、11回は2イニング目に入った岩崎が失点を防いだ。そのまま同点で延長12回に突入し、最後はサファテのサヨナラ被弾という幕切れに終わった。

 このオリックス戦後。守護神のサファテが、中継ぎ陣にかかる負担を憂慮し、早期の降板を頻発している先発投手陣に苦言を呈したと報じられた。現に、岩崎は8月頭にして50試合に迫る49試合に登板し、森唯斗が46試合、サファテが43試合と登板数が、より一層かさんできている。これまでにも中継ぎ陣の登板数の多さには言及してきたが、これまで登板過多について不満を述べることのなかったサファテが発言したということは、それだけ中継ぎ陣の疲労が色濃くなってきたという現れではなかろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」