野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「調子に乗っていた」―プロから社会人へ異色の経歴持つ苦労人・細山田の今

プロ野球から社会人に舞台を移し、輝きを放っている選手がいる。トヨタ自動車でプレーする細山田武史捕手(31)だ。

現在はトヨタ自動車でプレーする細山田武史【写真:小林靖】
現在はトヨタ自動車でプレーする細山田武史【写真:小林靖】

トヨタ自動車で現役継続、細山田の「今」と「夢」

 プロ野球から社会人に舞台を移し、輝きを放っている選手がいる。トヨタ自動車でプレーする細山田武史捕手(31)だ。

日の丸を背負って「優勝目指す」 異色の経歴・細山田が語る勝利へのこだわり(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 鹿児島城西から進学した早大では、3年時に早実から入学した斎藤佑樹投手(現日本ハム)とバッテリーを組んで「斎藤の女房役」として知られた。その後、2008年のドラフト4位で横浜ベイスターズ(現DeNA)に入団し、2014年からは2シーズン、ソフトバンクに所属した。そして2015年11月にトヨタ自動車硬式野球部への入部が発表され、社会人野球1年目の2016年には都市対抗野球大会でトヨタ自動車の初優勝に貢献。今年10月の「第28回 BFA アジア選手権」(台湾)に出場する侍ジャパン社会人代表にも選出された。

 プロで2度の戦力外を経験した31歳は現在、どのような思いを秘めて野球に打ち込んでいるのか。8月のある日、細山田に話を聞くために愛知県豊田市にあるトヨタ自動車硬式野球部のグラウンドを訪れた。

 大学生との練習試合を見学後、クラブハウスの一室で待っていると「どうもわざわざ遠いところすみません。暑かったでしょ。ずいぶん待ちました?」と、こちらを気遣いながら部屋に入ってきた。

 そんな周囲に気配りを見せる姿からは想像ができないが、細山田は「横浜の時は調子に乗っていました」と言って笑った。当時はコーチに口答えしてケンカになることもあったという。

 早大では3年春に斎藤や福井優也(現広島)、須田幸太(現DeNA)とバッテリーを組み2季連続の優勝に貢献。全日本大学野球選手権優勝、秋のリーグ戦で3季連続優勝、4年秋のリーグ戦でも優勝するなど、早大黄金期を築いた。その後、入団した横浜ベイスターズではルーキーイヤーの2009年にチーム捕手最多となる88試合に出場。2011年もチーム捕手最多の84試合に出場したものの、2012年、2013年シーズンは1軍での出場機会はなく、2013年オフに戦力外通告を受けた。

「1軍で試合に出させていただいて、成績を出していないのに『いける』って思っちゃいました。下積みが大事なのに、(試合に)出ちゃったから。レギュラーは勝ち取っていかなきゃいけない。やっぱり自分で掴まなきゃいけない。自分で獲ったレギュラーは離しません。それが大事。斎藤と一緒にこっちまで誇張されて、大した実力もないのに勘違いしていました」

 自身の態度を改め「頑張らなきゃ」と心を入れ替え始めたのは、3年目の2011年からだという。この年に84試合に出場し「プロでもいけるかな」と手応えを掴み始めたが、翌2012年は1軍での出場機会はなく、オフの契約更改で大幅減額を提示される。当時は、減額か自由契約の二択だったといい、野球協約で定められた減額制限を大幅に超える65%減の年俸600万円(推定)でサイン。会見で「食事は吉野家か松屋にする」と発言し話題になった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中