野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 無限の可能性を信じて― パ期待の新鋭揃い、「高卒3年目」が熱い

無限の可能性を信じて― パ期待の新鋭揃い、「高卒3年目」が熱い

高卒選手がどのような成長を遂げるかということは、チームの将来を占う上で大事な要素の1つである。

日本ハム・浅間大基【写真:石川加奈子】
日本ハム・浅間大基【写真:石川加奈子】

存在感を示しつつあるパ「高卒3年目」

 高卒選手がどのような成長を遂げるかということは、チームの将来を占う上で大事な要素の1つである。まだ身体ができあがっておらず、経験も浅く、独り立ちするまでにある程度の時間を要する高卒選手たち。しかし今季のパ・リーグを見てみると、高卒3年目の選手が存在感を示しつつあることに気づく。今回は、今季1軍で頼もしい姿を見せてくれた「高卒3年目」の選手たちを紹介していきたい。

 以下は9月28日終了時点での成績。

【北海道日本ハム】
石川直也投手:37試合0勝1敗7ホールド、49回2/3、51奪三振、防御率4.35
清水優心捕手:57試合100打数20安打0本塁打6打点、打率.200
太田賢吾内野手:37試合76打数13安打1本塁打5打点、打率.171
淺間大基外野手:19試合42打数7安打0本塁打3打点、打率.167

 高卒3年目にあたる多くの選手が1軍での出場機会を得た北海道日本ハム。中でも石川直は、今季の開幕から中継ぎとして奮闘し、9月に入ってからは先発起用が続いている。9月26日のオリックス戦では、6回途中を投げて2失点と上々の投球を披露。191センチの大型右腕がこの先どのような活躍を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

 野手陣では、清水の存在感が際立つ。昨季、ポストシーズンでも1軍メンバー入りした期待の若手捕手は、今季自身初となる開幕1軍登録。9月は先発マスクを被る機会も増えており、9月28日の楽天戦ではサヨナラ勝利を呼び込む二塁打も放った。次代を担う捕手の英才教育は着々と進んでいるようだ。

 淺間は昨季までに98試合に出場し、プロ初本塁打も放つなど順調にステップアップを果たしていたが、今季は足踏み。ファームでは3割を超える打率を残しており、来季以降に期待がかかる。太田は7月に自身初の1軍出場を果たすと、主に二塁手として出番を増やし、ファインプレーも見せた。熾烈なポジション争いを勝ち抜くことができるのか、注目したい。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中