野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「お前じゃ無理だ」から這い上がった鷹育成出身右腕 飛躍の「原動力」とは

ソフトバンクは8日の楽天戦でレギュラーシーズンの全日程を終えた。プロ初登板からプロ初勝利、そして積み上げた8つの白星。大きな飛躍を遂げた石川柊太が、支配下登録選手として初めてのフルシーズンで得たものとは――。

ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

ホークス石川柊太が飛躍のシーズンで得た自信と課題

 ソフトバンクは8日の楽天戦でレギュラーシーズンの全日程を終えた。プロ初登板からプロ初勝利、そして積み上げた8つの白星。大きな飛躍を遂げた石川柊太が、支配下登録選手として初めてのフルシーズンで得たものとは――。

 春季キャンプでA組に抜擢され、オープン戦でも結果を残した石川は、開幕1軍の切符を自らの力で勝ち取った。プロ初登板は4月4日、仙台での楽天戦。1回を3者凡退に抑え、銀次から初めての三振を奪った。4月15日のオリックス戦では2回3失点でプロ初黒星を喫するが、5月16日にはプロ初ホールドを記録。そして5月31日の中日戦でプロ初先発を果たすと、6回を無四球の2失点に抑えてプロ初勝利を挙げた。そこから力強いストレートとパワーカーブを武器に、先発で6勝、中継ぎで2勝を積み上げて8勝3敗、防御率3.29の成績でシーズンを終えた。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 昨年7月に育成から支配下登録された石川にとって、初めてのフルシーズンの経験。レギュラーシーズンを振り返り、石川はまず自らが感じた課題を口にした。

「1年間戦い切る辛さや難しさを痛感したシーズンでした。1年間1軍で活躍し続ける必要がある中で、自分の調子とか体調を安定して維持させることの難しさを感じましたね」

 この課題をどうクリアしていくのか。石川の頭の中には、すでに来季に向けた青写真が存在するという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」