野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークスVS楽天の勝敗分けた分岐点 流れ変えた鷹・工藤監督の一手

楽天が物凄い勢いを見せての連勝で幕を開けたファイナルステージ。だが、終わってみれば、ソフトバンクの勝負強さをまざまざと感じさせるものだった。両者を分けたものは、どこにあったのか。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

日本シリーズ進出を決めたホークス、流れ変えた第3戦

 リーグ王者のソフトバンクに与えられたアドバンテージを含めて4勝2敗。パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは、22日に行われた第5戦で決着の時を迎えた。リーグ3位ながらファーストステージで西武を破った楽天が塩見、辛島の好投で初戦、2戦目に連勝。窮地に立たされたソフトバンクだが、3戦目から怒涛の3連勝を飾って、一気に勝負を決めた。

 楽天が物凄い勢いを見せての連勝で幕を開けたファイナルステージ。だが、終わってみれば、ソフトバンクの勝負強さをまざまざと感じさせるものだった。両者を分けたものは、どこにあったのか。誰もが感じたであろう分岐点。それは、第3戦だ。

 この試合を振り返る。初回に楽天が3試合連続で先制点を奪ったが、先発の則本がピリッとしなかった。ソフトバンクがその裏にデスパイネ、松田にタイムリーを浴びてあっさりと逆転。だが、楽天は2回に茂木、藤田のタイムリーで再び試合をひっくり返した。ソフトバンクは3回に内川が3ランを放って再び逆転。楽天は5回にアマダーが和田から2ランを放って同点に追いついた。そのまま5-5で進み、8回裏、ソフトバンクが楽天のセットアッパー福山から中村晃が決勝2ランを放って、ソフトバンクが勝利した。

 楽天・梨田昌孝監督は第5戦に敗れた後にこう語っている。

「5-5でいったところで、ノリ(則本)が7回で降りて、8回に福山がいってのヒット、ホームラン。流れ的には5-5でいったところで、先に点が入っておけば変わったんだけど、同点でいっていた分、後手後手になったのかも分かりませんけどね」

人気記事ランキング