野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【ドラフト】明大で高山らと同期 2年前に指名漏れの菅野がロッテから4位指名

日立製作所で中軸を打つ菅野剛士外野手が26日のプロ野球ドラフト会議でロッテから4位指名を受けた。明治大在学中の2015年のドラフト会議でもプロ志望届を提出。しかし同大から提出した4人のうち、高山俊外野手が阪神1位、坂本誠志郎捕手が阪神2位、上原健太投手が日本ハム1位指名を受ける一方、唯一指名がなかった。2年の歳月を経て今度は指名を勝ち取った。

ロッテに4位で指名された日立製作所野球部・菅野剛士【写真:日立製作所野球部提供】
ロッテに4位で指名された日立製作所野球部・菅野剛士【写真:日立製作所野球部提供】

2年前は明大4選手のうち唯一指名漏れ

 日立製作所で中軸を打つ菅野剛士外野手が26日のプロ野球ドラフト会議でロッテから4位指名を受けた。明治大在学中の2015年のドラフト会議でもプロ志望届を提出。しかし同大から提出した4人のうち、高山俊外野手が阪神1位、坂本誠志郎捕手が阪神2位、上原健太投手が日本ハム1位指名を受ける一方、唯一指名がなかった。2年の歳月を経て今度は指名を勝ち取った。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

関連記事:
指名漏れの悔しさバネに成長 再び迎える運命の日 24歳・菅野剛士が秘める思い
「2年前の悔しさはある」侍J社会人代表、菅野剛士が見せた成長の跡

 東海大相模高では、春夏合わせて3度の甲子園出場。また、明大ではリーグ通算28本の二塁打を放ち、高木大成氏(慶大-西武)の記録(27本)を20年ぶりに塗り替えた。しかし当時はプロ入りの夢はかなわず、日立製作所に入社。長所である打撃に加え、捕球やスローイングなどの守備や走塁にも精力的に取り組んできた。 

 入社1年目の都市対抗野球大会では4番を任され、チームの準優勝に貢献。新人賞に当たる若獅子賞を受賞し、ベストナインも受賞。今年は侍ジャパン社会人代表としてアジア選手権制覇にも貢献していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬