野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「大谷選手のように」―日ハムと仮契約、ドラ1清宮幸太郎が胸に秘める思い

やはり只者ではなさそうだ。時に笑顔を浮かべ、時に考えを巡らせる。目前にはテレビカメラの列と多数の報道陣、そして無数のフラッシュを浴びた。その中で、臆することなく、しっかりと質問に対して、自らの言葉で答え、答えに困れば、ハッキリと「分からない」と言える。安易な受け答えをせず、軽々しさも見受けられない18歳に聡明さを感じた。

日本ハムと仮契約を結んだ清宮幸太郎【写真:福谷佑介】
日本ハムと仮契約を結んだ清宮幸太郎【写真:福谷佑介】

日本ハムと最高条件で仮契約、 木田GM補佐「いい選手の条件はある」

 やはり只者ではなさそうだ。時に笑顔を浮かべ、時に考えを巡らせる。目前にはテレビカメラの列と多数の報道陣、そして無数のフラッシュを浴びた。その中で、臆することなく、しっかりと質問に対して、自らの言葉で答え、答えに困れば、ハッキリと「分からない」と言える。安易な受け答えをせず、軽々しさも見受けられない18歳に聡明さを感じた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 7球団競合の末に、日本ハムがドラフト1位で交渉権を獲得した早稲田実業の清宮幸太郎内野手のことだ。16日、入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1500万円プラス出来高での最高条件で正式に日本ハム入団が決定。その後の会見では「野球人としてだけでなく、社会人として世の中に貢献出来る人になってほしいと、力強い言葉をいただきました。自分もプロを表明した時に、野球人としてだけでなく、人としてみんなに目指されるような人になりたいということを思っていたので、その言葉は自分の中で心に響きました」と言葉を並べた。

 プロ入りに際しての楽しみと不安を問われ「楽しみなことはずっと野球が出来ることですね。野球の時間が増えること。不安なことはあまりないですけど、強いて言うなら、たくさんのピッチャーの中で自分がしっかり活躍出来るかなと、プロの球はどんな球なのかなぁというのはあります」とした清宮。栗山英樹監督は、よく「野球の神様」を話に出すが、この「野球の神様」について「野球の神様というのは色々な面で自分を見ていると思うので、フィールドだけでなく、私生活の面であったり、社会人としての場面であったり、そういうところで、さっきも言ったように、色々な人に目指されるような人になることが、その神様に愛されることへの1番な近道なんじゃないかなと思います」と語る18歳に、一社会人としての自覚の高さが滲んでいた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」