野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2年ぶり日本一ホークスが着手した戦力整理…松坂退団、大隣に戦力外通告

2年ぶりに日本一の座を奪還し、最高の形で2017年のシーズンを終えたソフトバンク。王座奪還の余韻が残る中、チームは早くも連覇のかかる2018年シーズンに向けて動き出した。

来季の去就が注目される松坂大輔【写真:荒川祐史】
来季の去就が注目される松坂大輔【写真:荒川祐史】

松坂は3年間で1軍登板はわずか1試合に終わる

 2年ぶりに日本一の座を奪還し、最高の形で2017年のシーズンを終えたソフトバンク。王座奪還の余韻が残る中、チームは早くも連覇のかかる2018年シーズンに向けて動き出した。編成面では星野大地投手、大隣憲司投手、島袋洋奨投手の3選手に戦力外通告。島袋は左肘遊離軟骨除去手術のリハビリ中で、育成契約を結ぶ予定となっている。

 世間を騒がせたのは、松坂大輔投手の退団だ。来季の戦力構想から外れた右腕。球団側からは支配下から外れて3軍リハビリ担当コーチとなり、復帰への道を探るプランを提示されたものの、現役にこだわり辞退。3年を過ごしたホークスを退団し、国内外の他球団での現役を模索することになった。

 山田大樹投手はヤクルトへの無償トレードが決まり、山下斐紹捕手は西田哲朗内野手とのトレードで楽天へ。育成選手では坂田将人投手、柿木映二投手、東方伸友投手、吉本祥二投手の4人が戦力外通告を受け、外国人ではカイル・ジェンセン内野手が退団となった。また、鶴岡慎也捕手がFA権を行使し、他球団への移籍を目指している。

 戦力外や、今季限りでの退団となった選手の実績を振り返ってみる。

◯松坂大輔(退団)
 プロ19年目。言わずと知れた「平成の怪物」はプロで輝かしい実績を残した。98年のドラフトで3球団競合の末、西武に入団。ルーキーイヤーにいきなり16勝をマークして最多勝を獲得すると、そこから3年連続最多勝。2007年には米レッドソックスに移籍し、ワールドシリーズ制覇に貢献した。インディアンス、メッツを経て、2015年にソフトバンクと3年契約を結んで、日本球界に復帰。だが、右肩の故障に悩まされ、3年間で1軍登板は1試合のみに終わった。NPB通算205試合108勝60敗1セーブ、72完投18完封、防御率2.96。MLB通算158試合56勝43敗戦1セーブ3ホールド、防御率4.45。最多勝3回、最多奪三振4回、最優秀防御率2回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞7回、1999年新人王、2001年沢村賞。2006年、2009年WBCでは日本の連覇に貢献し、2大会連続でMVPに輝いた。

人気記事ランキング