野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

兄・剛裕は現役引退 将来を嘱望された堂上兄弟に見るプロの世界の厳しさ

中日ドラゴンズのオールドファンにとって「堂上(どのうえ)」という名前には、懐かしい響きがあるはずだ。

堂上剛裕のこれまでの成績
堂上剛裕のこれまでの成績

父・堂上照も70年代に中日でプレー

 中日ドラゴンズのオールドファンにとって「堂上(どのうえ)」という名前には、懐かしい響きがあるはずだ。

【PR】「DAZN」なら中日戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 堂上照(てらし)は金沢高校、電電北陸を経て1970年のドラフト6位で中日に入団。1970年代中期に星野仙一、松本幸行、三沢淳らと竜の強力投手陣を形成した。184センチ84キロと大柄で、豪快な投球フォーム。先発、救援で活躍。また打撃も良く通算4本塁打を記録している。通算成績は35勝49敗7セーブ、防御率4.36だった。

 堂上照は引退後、長く球団職員をしていたが、その息子が堂上剛裕、堂上直倫の兄弟だ。2人は3歳違い。兄の剛裕は、愛工大名電高に進み、2002年春、2003年春、夏と3度の甲子園出場。強打の内野手として2003年のドラフト6位で中日に入団した。

 弟の直倫も、愛工大名電高に進み、兄と同じく、2005年春、夏2006年夏と3度甲子園に出場。2005年春は2本塁打するなど、超高校級スラッガーとして注目され、2006年のドラフトでは3球団が競合。地元中日がくじを引き当て、1位指名で入団した。

 兄・剛裕は184センチ93キロの右投げ左打ち。弟・直倫は184センチ82キロの右投げ右打ち。ともに大型の野手であった。兄はプロ入り後に外野手に転向。2007年に37試合に出場したものの、ほとんどは2軍暮らし。2009年までの6年間で、1軍出場はわずか48試合にとどまっていた。弟もプロ入り後3年間の1軍出場は5試合だけだった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬