野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • ソフトBバンデン、“開花”の秘密 フォームを変えた母国オランダ科学者の助言

ソフトBバンデン、“開花”の秘密 フォームを変えた母国オランダ科学者の助言

筑波大学野球研究室は、野球の指導方法や、教育としての野球を広範に研究している。この研究室に学ぶ大学院生が、このほど、オランダの野球について学ぶために現地に赴き、様々な研究を行った。なかには、今の日本の野球界にとっても、示唆に富むレポートがいくつもあった。同研究室のレポートを紹介する。

オランダ代表でも活躍するバンデンハーク【写真:Getty Images】
オランダ代表でも活躍するバンデンハーク【写真:Getty Images】

キュラソー出身者の活躍でWBCベスト4も、オランダ本土にも秘密が…

 筑波大学野球研究室は、野球の指導方法や、教育としての野球を広範に研究している。この研究室に学ぶ大学院生が、このほど、オランダの野球について学ぶために現地に赴き、様々な研究を行った。なかには、今の日本の野球界にとっても、示唆に富むレポートがいくつもあった。同研究室のレポートを紹介する。

 レポートは大学院2年生大森雄貴さん、1年生加藤勇太さんが担当。いずれも大学まで硬式野球をしていた。大森さんは元巨人・大森剛氏のご子息だ。

 日本と同様にWBC2大会連続ベスト4入り(2013年、2017年)を果たすなど急成長を遂げるオランダ野球。強さの秘密を探る。

―――――――――――――――

「オランダの人口は約1700万人。サッカーの競技人口100万人、野球の競技人口は1万人のマイナースポーツ。日本が羨ましいよ」

 オランダ王立野球・ソフトボール協会(以下KNBSB)事務局長は笑いながら答えた。激減しているとされる日本の野球競技人口は小学生だけでも未だ10万人を超えている。

 近年、急成長を遂げるオランダの強さは何か。ヤクルトスワローズのウラディミール・バレンティン外野手など、オランダ領キュラソー出身選手の活躍が注目され始めている中、オランダ本土においても強さの秘密が隠されていた。

人気記事ランキング