野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

当たり年とはずれ年の差が顕著、投手が育つロッテ、過去10年のドラフト査定

最近10年を振り返ると、ロッテは年によって新人獲得の方針が変わるようだ。そのためか、ドラフトの当たり外れも年によって大きく変動する印象が強い。この10年でクライマックスシリーズには4度出場、2010年には日本シリーズ優勝を果たしたが、今季は大きく低迷、球団史上ワーストとなるシーズン87敗を喫した。大砲不在のチームは、ドラフト1位で高校通算65本塁打の履正社・安田尚憲内野手を指名。井口資仁新監督の下、どんな選手に育つか楽しみだ。

2013年ロッテのドラフト1位・石川歩【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
2013年ロッテのドラフト1位・石川歩【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

2008年は育成も合わせて14人を指名

 最近10年を振り返ると、ロッテは年によって新人獲得の方針が変わるようだ。そのためか、ドラフトの当たり外れも年によって大きく変動する印象が強い。この10年でクライマックスシリーズには4度出場、2010年には日本シリーズ優勝を果たしたが、今季は大きく低迷、球団史上ワーストとなるシーズン87敗を喫した。大砲不在のチームは、ドラフト1位で高校通算65本塁打の履正社・安田尚憲内野手を指名。井口資仁新監督の下、どんな選手に育つか楽しみだ。

※は2017年オフ時点での現役選手。

○2008年
1位・木村雄太 投 東京ガス・1勝6敗0S1H 防御率5.24
2位・長野久義 外 Honda(入団拒否)
3位・上野大樹 投 東洋大学・11勝10敗0S2H 防御率3.64
4位・坪井俊樹 投 筑波大学(1軍出場なし)
5位・山本徹矢 投 神戸国際大学附属高・0勝0敗0S0H 防御率5.63
6位・香月良仁 投 熊本ゴールデンラークス・4勝3敗1S3H 防御率4.58※独立L
育1位・木本幸広 投 日高高中津分校(1軍出場なし)
育2位・鈴江彬 投 信濃グランセローズ(1軍出場なし)
育3位・角晃多 内 東海大学付属相模高(1軍出場なし)
育4位・生山裕人 内 香川オリーブガイナーズ(1軍出場なし)
育5位・西野勇士 投 新湊高・16勝18敗86S18H 防御率3.14※
育6位・岡田幸文 外 全足利クラブ・855試570安0本119点137盗 打率.255※
育7位・吉田真史 内 太田工業高(1軍出場なし)
育8位・田中崇博 投 八日市南高(1軍出場なし)

 ロッテは2006年から育成選手を積極的に獲得してきた。この年は最大8人もの育成選手を獲得したが、その中から西野勇士、岡田幸文と1軍で活躍する選手が出た。2位で指名した長野は指名を蹴って、のちに巨人に入団。育成3位の晃多は名救援投手角盈男の子息だが、活躍できなかった。

○2009年
1位・荻野貴司 外 トヨタ自動車・528試464安19本133点153盗 打率.267※
2位・大谷智久 投 トヨタ自動車・16勝27敗0S79H 防御率3.54※
3位・大嶺翔太 内 八重山商工高・186試69安7本35点1盗 打率.206※
4位・清田育宏 外 NTT東日本・636試522安39本226点33盗 打率.262※
育1位・山室公志郎 投 青山学院大学・0勝0敗0S0H 防御率.000

 2009年は当たり年だった。俊足外野手の荻野、中継ぎで活躍する大谷、中軸を打つ清田と主力選手が3人。大嶺翔も2017年はキャリアハイの91試合に出場した。

人気記事ランキング