野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武・栗山が得た「着想」 「リアル野球盤」に込める思いとは

雲ひとつない青空に、ファンファーレが鳴り響いた。グッとバットを握り締め、打席に向かう背中を、応援歌が送り出す。

野球の輪を広げるために試行錯誤する西武・栗山
野球の輪を広げるために試行錯誤する西武・栗山

栗山はなぜ「リアル野球盤」を企画したのか―「この先がすごく楽しみ」

 雲ひとつない青空に、ファンファーレが鳴り響いた。グッとバットを握り締め、打席に向かう背中を、応援歌が送り出す。

 まるでプロ野球のデーゲームのような光景だ。だが明らかに違う点がある。打席に立つのは、チームに属して野球の練習をしたことがない小学生だった。勝手が分からず、戸惑う様子の子どもたちに、張りのある声が飛ぶ。

「ええんやで!思い切り振るだけでええ!」

 にこっと笑って、手をたたく。声の主は、ベンチの前の背番号1。西武の栗山巧外野手だった。

————————————–

 今月3日、兵庫・三木総合防災公園野球場。栗山は例年通り、野球少年たちを集め「栗山杯」を開催した。

 7回目となる今回は、大会後に少し変わった趣旨のイベントを準備していた。「みんなでリアル野球盤をしよう」。そう銘打たれた告知には「男女の性別や障がいの有無、野球経験を問わず」と付け加えられていた。

「みんなで野球を楽しめる場がつくれないかな。そう考えていたんです」

 意図を聞くと、栗山は熱っぽく説明を始めた。

人気記事ランキング