野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武・栗山が得た「着想」 「リアル野球盤」に込める思いとは

雲ひとつない青空に、ファンファーレが鳴り響いた。グッとバットを握り締め、打席に向かう背中を、応援歌が送り出す。

「リアル野球盤」が秘める可能性

 そんな考えを、さらに進めるきっかけがあった。ある日栗山は、あるスポーツの映像をみた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ブラインドサッカー。視覚障がい者が、ボールに仕込まれた鈴の音と、ゴールの位置をピッチ外から知らせる「コーラー」の声などを手掛かりに、視力に頼らずプレーするサッカーだ。

 この競技は、実は視覚障がい者だけが参加するわけではない。視力がある人もアイマスクをすることで、視覚障がい者と同じ条件となり、一緒にプレーすることができるのだ。

「視覚障がい者の方とそうでない方が、遠慮なしにバッチバチにやりあっていました。ああ、すごくいいなと。野球でも、そういう場を設けることができないかなと」

 検討を重ね、栗山は今回「リアル野球盤」という形を取ることにした。

 打撃ティーに置いた球を打ち、飛んだボールがフィールド上のどの的に当たるかで、「アウト」「安打」「二塁打」「三塁打」「本塁打」を決めるルールだ。

 止まっているボールを打つことさえできれば、誰でも参加できる。いずれ有力校からプロへ進むような有望球児と、ほとんど野球の練習をしたことがない、あるいはできない子どもが、“リアル野球盤”でならほぼ同条件でプレーできるのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」