野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マイコラスも続けるか NPBから復帰後、MLBで活躍した助っ人投手たち

マイコラスも続けるか NPBから復帰後、MLBで活躍した助っ人投手たち

巨人で3年間、エース菅野智之とともに先発投手陣を引っ張ってきたマイルズ・マイコラスが、MLBセントルイス・カージナルスと2年契約を結んでMLBに復帰した。日米で実力差があると言われた昭和の時代には、NPBに移籍した投手のMLB復帰は極めて珍しかったが、NPBの投手の実力が一定の評価を得た近年は、こうしたケースが増えつつある。

復帰したメジャーで果たして活躍ができるか注目のマイコラス【写真:編集部】
復帰したメジャーで果たして活躍ができるか注目のマイコラス【写真:編集部】

昭和の時代には珍しかった助っ人投手の米復帰

 巨人で3年間、エース菅野智之とともに先発投手陣を引っ張ってきたマイルズ・マイコラスが、MLBセントルイス・カージナルスと2年契約を結んでMLBに復帰した。日米で実力差があると言われた昭和の時代には、NPBに移籍した投手のMLB復帰は極めて珍しかったが、NPBの投手の実力が一定の評価を得た近年は、こうしたケースが増えつつある。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 昭和の時代では、巨人で活躍したビル・ガリクソンがMLBに復帰している。

◯ビル・ガリクソン(実働 1979-1994 巨人1988-89)
NPB移籍前 241試合101勝86敗0S 防御率3.61
NPB時代(巨人)41試合21勝14敗0S 防御率3.29
MLB復帰後 150試合61勝50敗0S 防御率4.50

 巨人移籍前からメジャーでローテーション投手として活躍。1988年に鳴り物入りで来日し、2年でアストロズに復帰した。翌年、タイガースに移籍して20勝9敗で最多勝を獲得。日本でも話題になった。防御率は悪化したが先発として活躍した。

 打者では、阪神で1年だけプレーしたセシル・フィルダーがMLB復帰後に50本塁打、2冠王など大活躍したが、投手の事例は少なかった。

 近年、記憶に新しいのが広島で投げたコルビー・ルイスだ。

◯コルビー・ルイス(実働 2002-2016 広島2008-09)
NPB移籍前 72試合12勝15敗0S 防御率6.71
NPB時代(広島)55試合26勝17敗0S 防御率2.82
MLB復帰後 161試合61勝57敗0S 防御率4.27

 日本に来る前は1度だけ10勝を挙げたが低迷していた。広島時代は2年連続で最多奪三振。抜群の制球力が目立ったが、MLB復帰後はレンジャーズでダルビッシュ有などと先発の柱として投げた。日本での経験が役に立ったと発言している。

 復帰後、強豪ジャイアンツのローテーション投手になったのが、阪神、オリックスで投げたライアン・ボーグルソンだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」