野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【3割打者を考える(1)】初代ミスター・タイガースもこだわった生涯打率3割

1958年、初代ミスター・タイガース、藤村富美男は現役に復帰した。2年前までプレイングマネージャーだったが、引退して1957年は監督に専念していた。しかし、1958年に監督交代を告げられたため、藤村は一選手として現役に復帰した。

NPB通算打率10傑
NPB通算打率10傑

「3割打者」としてキャリアを終えた初代ミスター・タイガース藤村富美男

 1958年、初代ミスター・タイガース、藤村富美男は現役に復帰した。2年前までプレイングマネージャーだったが、引退して1957年は監督に専念していた。しかし、1958年に監督交代を告げられたため、藤村は一選手として現役に復帰した。

 これによって、歴史的な顔合わせが実現した。この年に立教大学から巨人に入団したゴールデンルーキー、長嶋茂雄と試合で対戦したのだ。長嶋は千葉県の出身だったが藤村冨美男の大ファンで、その華麗な守備に憧れて中学時代に遊撃手から三塁手に転向したのだった。

 この年9月7日の甲子園での阪神-巨人戦、ダブルヘッダーの第1戦で、2人のスタメンでの初顔合わせが実現した。長嶋は4番三塁、藤村は7番一塁。この試合で長嶋は4打数2安打打点1二塁打1本の活躍、藤村は2打席凡退した後、一塁を藤本勝巳に任せて退いた。これがスタメンでの両雄の唯一の対戦だった。

 42歳になる藤村はこの時点で19打数2安打、かつての大打者も寄る年波には勝てず、成績は下落した。その後、なおも藤村は代打を中心に出場したが、9月28日の中日球場での中日戦に6番一塁で先発出場したのを最後に、試合に出なくなった。これには理由があった。

人気記事ランキング