野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

あのスタントンより上位指名だった大砲も ロッテ2018年の助っ人陣容

54勝87敗2分の借金32、首位ソフトバンクに39ゲーム差の最下位と屈辱的な数字が並んだ2017年のロッテ。開幕から極度の貧打に喘ぎ、45試合目までチーム打率は1割台に沈んだ。5月16日には自力優勝の可能性が消滅し、シーズン10勝に到達したのは40試合目になってからと、散々なシーズンとなった。

今季ロッテに加入するドミンゲス(左)とシェッパーズ【写真:Getty Images】
今季ロッテに加入するドミンゲス(左)とシェッパーズ【写真:Getty Images】

昨季は極度の貧打に喘ぎ、借金32の最下位に終わったロッテ

 54勝87敗2分の借金32、首位ソフトバンクに39ゲーム差の最下位と屈辱的な数字が並んだ2017年のロッテ。開幕から極度の貧打に喘ぎ、45試合目までチーム打率は1割台に沈んだ。5月16日には自力優勝の可能性が消滅し、シーズン10勝に到達したのは40試合目になってからと、散々なシーズンとなった。

 オープン戦では12球団1位の成績を残したが、シーズンが始まると、期待されたパラデス、ダフィーの助っ人がサッパリ。シーズン中にサントス、ペーニャと補強に出たが、チーム成績を一気に浮上させるだけの効果は上がらなかった。成績低迷の責任を取り、伊東勤監督は指揮官を昨季限りで辞任。新たに指揮官の座を任されたのは、昨季限りで現役を引退した井口資仁だった。

 井口新監督の下で、新たに船出する新生ロッテ。パラデス、ダフィー、サントスとは契約を更新せずに放出し、2018年から外国人枠を外れるため残留が見込まれていたスタンリッジとも契約を延長しなかった。

 新シーズンに向けて、新助っ人としてオルモス、ボルシンガー、シェッパーズの投手3人と、ドミンゲスの野手1人を獲得。昨季は外国人の補強が結果的に“失敗”に終わっており、2018年は同じ轍は踏めないところだろう。ここでは、そんなロッテの2018年の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

人気記事ランキング