野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • 61年前に不安な気持ちでキャンプイン 史上最弱と評された“幻の球団”

61年前に不安な気持ちでキャンプイン 史上最弱と評された“幻の球団”

2月1日から春季キャンプが本格的にスタートしたプロ野球。61年前の岡山県野球場で不安な気持ちを抱えながら、キャンプインを迎えたチームがある。高橋ユニオンズだ。

高橋ユニオンズの成績
高橋ユニオンズの成績

わずか3年のプロ野球チーム、“史上最弱球団”高橋ユニオンズ

 2月1日から春季キャンプが本格的にスタートしたプロ野球。61年前の岡山県野球場で不安な気持ちを抱えながら、キャンプインを迎えたチームがある。高橋ユニオンズだ。

 高橋ユニオンズは1954年、パ・リーグに誕生した球団だ。当時、パは7球団でペナントレースでは常に1球団が休みになっていた。大映スターズの永田雅一オーナーは、この非効率を解消するために8球団制にすることを提案。旧知の高橋龍太郎に球団設立を持ちかけたのだ。

 高橋は大日本麦酒の元社長で“ビール王”とも言われ、貴族院議員、通産大臣を歴任。スポーツにも造詣が深く、戦前は職業野球イーグルスのオーナー、戦後は日本サッカー協会の会長も務めた。高橋は球団設立を了承したがスポンサー企業や親会社はなく、自らのポケットマネーで球団を運営する前代未聞の「個人球団」としてスタートを切った。

 各チームの寄せ集めでスタートしたチームは弱く、1年目は8球団中6位だったが2年目、3年目と最下位の8位。2年目にはトンボ鉛筆がスポンサーになったが、3年目は再びスポンサーなしと苦しい状況に追い込まれる。本拠地は川崎球場だったが、観客動員も少なかった。

 ただ3年目の1956年は、慶應大学から入団した佐々木信也が新人ながらフル出場し、最多安打、ベストナイン、オールスター戦にも選ばれた。オフには、巨人の広岡達朗、西鉄の稲尾和久などと対談するなど、雑誌や新聞にたびたび登場し、一躍スター選手の仲間入りを果たした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」