野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

115キロ井上も「年間6盗塁」ノルマ 発想の転換で走塁徹底、新生ロッテの野望

走るマリーンズ。新しくチームを率いることになった井口資仁監督が最初に掲げた具体的な方針だ。春季キャンプ前日の1月31日に行われたチームの全体ミーティング。全員で盗塁を増やしていく方針が伝えられた。

ロッテの井口新監督が掲げる機動破壊野球に注目【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテの井口新監督が掲げる機動破壊野球に注目【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ロッテの若き新監督が掲げる機動破壊野球

 走るマリーンズ。新しくチームを率いることになった井口資仁監督が最初に掲げた具体的な方針だ。春季キャンプ前日の1月31日に行われたチームの全体ミーティング。全員で盗塁を増やしていく方針が伝えられた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 井口資仁監督からは選手全員で目指す具体的な数値として140盗塁を通達された。昨年はチームで78盗塁。倍近い、目標設定。140盗塁以上となれば、球団として87年の152盗塁以来、6度目となる。そもそも最近10年で3桁盗塁を記録したのは11年の101盗塁の1回だけだ。それでも指揮官は「ボクの本音では180盗塁かなと思っている」と言葉を続けた。ただ、あえてシーズン143試合で140盗塁。1試合1盗塁ペースという分かりやすい数値を最低目標数として掲げた。

「もっと足で攻めないといけない。今までのマリーンズに対して相手投手陣はほとんどノープレッシャー。投手は全神経をバッターボックスの打者に向けていた。それではダメ。ランナーがいるなら、そのランナーが投手の集中力を削ぐような動きをしないといけない。仕掛けをしないといけない。それで色々な可能性が生まれる。マリーンズは走者を出すと何かをやってくると思わせるだけで違う。投球がワンバウンドしたら走者は必ず次の塁へ向かうぐらいの気持ちでいい」

 熱く力強く選手たちに語り掛けた。そして今キャンプには走塁革命の旗手として現役時代に352盗塁を記録した島田誠氏を臨時コーチとして招聘した。監督自身も現役時代に指導を受け、盗塁王を獲得。シンプルかつ的確な指導に定評のある同氏にマリーンズの機動力における脳内改革を託した。そこから徹底した走塁練習がスタートした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」