野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“最後の3冠王”松中氏が語る好敵手 ダル、マー君も「松坂大輔が1番だった」

多くの野球ファンが「平成の怪物」の復活を期待している。そして、松坂が再び1軍のマウンドに立つ日を待ち望んでいるのは、ファンだけにとどまらない。かつて、野球ファンを魅了する度重なる好勝負を松坂と演じてきた平成唯一の3冠王、元ソフトバンクの松中信彦氏もまた、その1人である。

度重なる好勝負を松坂と演じてきた平成唯一の3冠王・松中信彦氏【写真:福谷佑介】
度重なる好勝負を松坂と演じてきた平成唯一の3冠王・松中信彦氏【写真:福谷佑介】

復活に向けて慎重に歩みを進める松坂、名勝負演じた松中氏の思い

 12球団が一斉にキャンプをスタートさせ、いよいよ球春到来となった2018年のプロ野球。キャンプも第2クールが終わるチームもあり、徐々に実戦モードへとシフトしていく時期になりつつある。その中で連日、大きな注目を集めているのが、沖縄でキャンプを行う中日ドラゴンズ、そして、新たにチームに加わった松坂大輔投手である。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ここまで10日間を終えた沖縄キャンプでは4度、ブルペン入りして投球練習を行なっている松坂。1回目は捕手を立たせての立ち投げのみ、2度目は立ち投げで43球、そして初めて捕手を座らせて13球を投げた。第2クールでは捕手を座らせて66球、77球と徐々に球数を増やしてきている。ソフトバンク時代にはキャンプで100球を超える投げ込みも行ってきたことを考えると、慎重に歩みを進めていると言える。

 多くの野球ファンが「平成の怪物」の復活を期待している。そして、松坂が再び1軍のマウンドに立つ日を待ち望んでいるのは、ファンだけにとどまらない。かつて、野球ファンを魅了する度重なる好勝負を松坂と演じてきた平成唯一の3冠王、元ソフトバンクの松中信彦氏もまた、その1人である。

 中日キャンプでイキイキとした表情を見せている松坂の姿を、ニュースの映像などを通して見たという松中氏。「去年よりも、ちょっと良くなっていると思いましたね。体は元気そう」と現在の右腕の印象について語り、「現役時代にいい勝負をした自分としては、やっぱり頑張って欲しいと思ってますよ」と語り出した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」