野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

なぜ松坂大輔はファンサービスを厭わないのか 根底にある思いとは

沖縄キャンプ、松坂のファンサービスの姿勢に驚く声をよく耳にする。自ら進んでサイン会を実施し、長蛇の列が出来ているとなれば、時間を延長して出来るだけ多くの人にサインを書こうとする。陸上競技場でのランニングが終わると、ファンの呼びかけに応えて近づいていき、サインすることも珍しくはない。

ファンサービスを行う中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
ファンサービスを行う中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

沖縄キャンプでは度々サイン会を実施、ファンとの触れ合いを大切にする松坂

「模範というかね。ファンを大事にしないといけないという使命感を持っている。ファンとプレーの関係には密接な関係があると自覚している印象を受けたな」

【PR】セ・パ交流戦を観るなら「DAZN」 ”初月無料キャンペーン”実施中、登録はこちらから

 中日ドラゴンズがキャンプを行っている沖縄・北谷町。2月15日に北谷公園野球場に陣中見舞いに訪れ、こう語ったのは中日ドラゴンズの総帥、白井文吾オーナーだった。

 松坂は37歳になった。かつての姿ではない。右肘、右肩を手術しており、かつての150キロを超す豪速球を求めるのは無理がある。シュートやカットボールを使い、手元でボールを動かすスタイルにモデルチェンジして復活しようとしている。

 ただ、それでも依然、トップクラスといえる人気がある。沖縄キャンプには、その姿見たさに多くの報道陣、ファンが集まり、連日賑わいを見せている。グッズの売上も好調。球団にとって早くも好影響を及ばしており、この日球場で松坂と面会したオーナーも「固い握手をしました」と激励していた。

 その白井オーナーが言及したのが、松坂が持つ「ファンを大事にする使命感」である。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬