野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ154キロ19歳右腕が激白 1軍初勝利のフォームを捨て「進化のための変化」

無限の可能性を秘めた19歳がオリックスに現れた。涼しい顔で150キロ台を連発する高卒2年目・山本由伸投手。ルーキーイヤーの昨年は5試合全てに先発し1勝1敗、防御率5.32。チームの高卒新人勝利は1994年の平井正史(現1軍投手コーチ)以来、23年ぶりの快挙だった。宮崎キャンプでは1軍に抜擢され、がむしゃらに1軍に食らいついている右腕に話を聞いた。

インタビューに応じるオリックス・山本由伸【写真:編集部】
インタビューに応じるオリックス・山本由伸【写真:編集部】

最速154キロ右腕は昨年は23年ぶりに高卒新人勝利を挙げた

 無限の可能性を秘めた19歳がオリックスに現れた。涼しい顔で150キロ台を連発する高卒2年目・山本由伸投手。ルーキーイヤーの昨年は5試合全てに先発し1勝1敗、防御率5.32。チームの高卒新人勝利は1994年の平井正史(現1軍投手コーチ)以来、23年ぶりの快挙だった。宮崎キャンプでは1軍に抜擢され、がむしゃらに1軍に食らいついている右腕に話を聞いた。

 2016年に都城高からドラフト4位でオリックスに入団した山本。その右腕のプロデビュー戦は衝撃の連発だった。2017年8月20日、京セラドームで行われたロッテ戦。150キロを超える直球とスライダー、ツーシームなどを交え5回7安打1失点の好投を見せた。初白星こそその時は逃したものの、代打・井口(現ロッテ監督)にも臆することなく真っ向勝負で三ゴロ併殺に抑えるなど、度胸満点の投球を見せつけた。

「今思えば、すごい経験をさせてもらったなと思います。2軍でも1軍でも必死にやって、気の抜けるところがなかった。本当にがむしゃらにやっていたことがことが良かったと思います」

 最大の武器ともいえるストレート。最速は154キロをマークし、今キャンプの紅白戦でも2月中旬と寒さが残る中で151キロを計測した。山本が追い求めてるのは打者を圧倒する、分かっていても打てない直球だ。

「ストレートにはこだわりを持っている。でも、まだまだ求めているものがいっぱいある。1つずつでもいいので、クリアしていきたい。凄く速くて、伸びるストレート。質をこだわっていって、球速が出ればいい。球速だけを追い求めてるのではないですね。打者がタイミングを遅れて、手元で刺される直球を求めていきたい」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬