野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新天地求めて渡米、“松坂世代”梵の今 「数%」にかける思い

開幕を間近に控えたプロ野球は、今シーズンから中日に入団した松坂大輔投手の復活に注目が集まっている。そして昨季で巨人を自由契約となった村田修一内野手は、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスへ入団。NPB入りを目指し新天地で始動した。一方、両選手と同世代の元広島・梵英心内野手はアメリカで新天地を模索している。

米国でトレーニングを積む梵(右はカスティーヨ氏)【写真提供:養父鐵氏】
米国でトレーニングを積む梵(右はカスティーヨ氏)【写真提供:養父鐵氏】

昨季限りで広島を退団、新天地求める“松坂世代”梵の今

 開幕を間近に控えたプロ野球は、今シーズンから中日に入団した松坂大輔投手の復活に注目が集まっている。そして昨季で巨人を自由契約となった村田修一内野手は、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスへ入団。NPB入りを目指し新天地で始動した。一方、両選手と同世代の元広島・梵英心内野手はアメリカで新天地を模索している。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 梵は社会人の日産自動車(2010年休部)から2005年の大学生・社会人ドラフト3位で広島に入団。ルーキーイヤーに打率.289、130安打を放ち新人王を獲得した。2010年には43盗塁で盗塁王を獲得。しかし、近年は若手の台頭もあり出場機会を減らし、2016年はシーズン無安打に終わった。そして昨シーズンは1軍での出場機会がなく、オフに自由契約に。それでも現役続行への思いは強く、退団後は広島市内のジムやグラウンド、時には公園でトレーニングを続けながらオファーを待った。

 しかし、吉報が届くことはなかった。梵は日産自動車の先輩にあたる養父鐵氏に相談。かつてダイエーにも所属し、昨年は四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで監督を務めた養父氏はアメリカのマイナーリーグや独立リーグ、ベネズエラ、台湾など、世界各国でプレーしたこともあり、「いい経験になるから」と、梵に海外でのプレーを勧めた。

 養父氏はダイエー時代のチームメートで、現在はアメリカ・マイアミでスポーツジムを経営しているカルロス・カスティーヨ氏を紹介。梵は同氏の元でトレーニングを続けながらトライアウトを受けるため、2月上旬にアメリカに渡った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」