野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新天地求めて渡米、“松坂世代”梵の今 「数%」にかける思い

開幕を間近に控えたプロ野球は、今シーズンから中日に入団した松坂大輔投手の復活に注目が集まっている。そして昨季で巨人を自由契約となった村田修一内野手は、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスへ入団。NPB入りを目指し新天地で始動した。一方、両選手と同世代の元広島・梵英心内野手はアメリカで新天地を模索している。

「数%」にかける思い、「チャレンジしたい」

 現地でトレーニングを始めたころ、日本の独立リーグからオファーがあった。しかし、「アメリカでチームを探す」と固く決心をして渡米したため、断りを入れた。今は体の仕上がりもよく、アメリカのマイナーリーグのトライアウトを受けており、メキシコ、ドミニカ、イタリアなどの球団も視野に入れ、挑戦を続けている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 梵は広島を退団した時の心境を「いつか、そういう時が来るとは思っていた」と振り返る。しかし、実際にその時が来ると「まだ野球を続けたい」という自分の強い気持ちに気が付いたと語る。

「引き際については、もちろん頭の中にあります。それでも、今できることに夢中になりたいと思いました」

「まだ野球をやれる環境が数パーセントでもあるなら、チャレンジしてみたい」――。その思いが、異国でのプレーを目指す原動力となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」