野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

伊藤智仁氏が伝説の“魔球”誕生の瞬間を語る「誰がやっても投げられない」

今季からBCリーグの富山GRNサンダーバーズの監督に就任した伊藤智仁氏。ヤクルトで14年間、指導者を務めた同氏は、現役時代は代名詞でもある「高速スライダー」を武器に数々の伝説を残してきた右腕だ。

笑顔でインタビューに応じる富山GRNサンダーバーズ・伊藤智仁監督【写真:荒川祐史】
笑顔でインタビューに応じる富山GRNサンダーバーズ・伊藤智仁監督【写真:荒川祐史】

伝説のスライダー投手・伊藤智仁氏が明かす“魔球”の原点

 今季からBCリーグの富山GRNサンダーバーズの監督に就任した伊藤智仁氏。ヤクルトで14年間、指導者を務めた同氏は、現役時代は代名詞でもある「高速スライダー」を武器に数々の伝説を残してきた右腕だ。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 いまだに史上最強の変化球として語り継がれている“魔球”。このほど伊藤氏はその誕生の秘話を語ってくれた。

 伊藤監督は開口一番、「センスかな?」と冗談を交え高速スライダーが生まれた時のことを振り返った。魔球が誕生したきっかけは社会人時代に遡る。それ以前にもスライダーは持ち球にしていたが、当時は「カーブの方が自信があった」。決め球には、ほど遠いかったという。

 当時の社会人は金属バット全盛期。バットの芯を外しても、スタンドインする場面を何度も経験していた右腕は大きく曲がる、バットに当てさせない変化球の取得を考えていたという。後にプロ入りする野茂英雄氏はフォーク、潮崎哲也氏はシンカーを武器に活躍しており、「バットに当てさせないのが一番の近道」と模索した。

 だが、変化が大きくてもキレがない、キレがあっても変化がない……。試行錯誤を繰り返し、悩んでいた時期に同志社大学から入ってきた先輩投手に握りを教わったという。

「投げ方と握りをアレンジして、すぐにゲームで使いました。同じ配球で投げても、バッターの反応が違った。捕手からも『明らかに違うよ』と言ってもらってそこからですね」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」