野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

戦力外後は寝床も定まらない毎日… 元中日ドラ2右腕の波乱万丈の人生

巨人を自由契約となった村田修一内野手がBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが3月5日に発表され、注目を集めた。そして、その5日後。14年ぶりに“プロ野球”に復帰した一人の男がいる。村田と同じBCリーグ、福井ミラクルエレファンツの投手コーチに就任した福沢卓宏氏。NPBとは違うが、独立リーグもれっきとしたプロ球団だ。

福井ミラクルエレファンツの投手コーチに就任した福沢卓宏氏
福井ミラクルエレファンツの投手コーチに就任した福沢卓宏氏

1999年にドラフト2位で中日入団した福沢卓宏氏、イップスで4年で戦力外に

 巨人を自由契約となった村田修一内野手がBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが3月5日に発表され、注目を集めた。そして、その5日後。14年ぶりに“プロ野球”に復帰した一人の男がいる。村田と同じBCリーグ、福井ミラクルエレファンツの投手コーチに就任した福沢卓宏氏。NPBとは違うが、独立リーグもれっきとしたプロ球団だ。

「プロでの実績がない中で、誘っていただけたことを光栄にいます。自分の人生で経験してきたこと、何が必要かを少しでも伝えることができればと思っていますね」

 福沢氏は1999年に兵庫・滝川第二高からドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。140キロ中盤のストレートと、高速スライダーを武器に同年の甲子園には春夏連続で出場。夏は初戦で後にチームメートになる朝倉健太(現中日投手コーチ)擁する東邦高に勝利するなど、ベスト8入りし注目を集めた。

 中日ではルーキーイヤーに1軍で4試合に登板し、将来のエース候補として期待された。翌年の春季キャンプも1軍でスタートしたが、そこから歯車が狂いだす。周囲の期待が大きなプレッシャーとなった。古傷だった右肩、右肘にも負担がかかり、納得するボールが投げられない。しかし、“痛い痒い”は言えなかった。

「あの頃は毎日、投げることが嫌でしたね。今日もブルペンで投げないといけないって。今考えたら、無理する年齢でもなかったし、治療してしっかり休んでいたらと思うけど、当時はそうはいかなかったですから」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」